サイレントキラーはいつのまにかやってくる!? 「動脈硬化」について

Mocosuku(もこすく)
  • サイレントキラーはいつのまにかやってくる!? 「動脈硬化」について

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

サイレントキラーはいつのまにかやってくる!? 「動脈硬化」について

公開日時

 
執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「動脈硬化」は自覚症状がないまま進行するため「沈黙の殺人者(サイレントキラー)」とも呼ばれています。
 
「この間まであんなに元気だった人が、突然亡くなるなんて」という話し、聞いたことはありませんか?
 
この動脈硬化、一体どういった状態なのでしょうか。
 
ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

 

動脈硬化の基本情報

 
健康な動脈は弾力があってゴムホースのようにしなやかです。
 
しかし、その動脈が硬く、狭く、もろくなってしまう状態が「動脈硬化」です。
 
症状が進行すると、動脈の壁がコブのようにふくらんで血液が流れにくくなり、心筋梗塞や脳梗塞といった深刻な血管トラブルを引き起こします。
 
動脈硬化が起こる原因には、大きく分けて次の二つがあります。
 

1. 加齢 

 動脈の壁に含まれている、エラスチンという成分が加齢とともに減少していくことで血管の弾力が失われます。
 また、動脈には常に心臓から強い力で血液が流れてくるため、血管の壁に負担がかかって徐々に壁が厚くなり、壁の一部が骨のように硬くなります。
 

2. 生活習慣の乱れ

 動脈硬化は、不規則な生活習慣の蓄積によっても進行します。
 おもな4つの危険因子として、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」「喫煙」が指摘されています。
 当てはまる因子の数が多いほど動脈硬化の進行も早く、血管トラブルの発症率が高くなります。
 それぞれ次のような理由で動脈硬化を進行させます。
 
・高血圧・・・血管に常に高い圧がかかるため、血管の壁に負荷がかかり硬くなる
 
・糖尿病・・・糖分を多く含む血液が流れ続けることで、血管の壁が傷つき老化が進む
 
・脂質異常症・・・血液中のコレステロールが増加し、余ったコレステロールが血管の壁に入り込んで血管の壁を厚くする
 
・喫煙・・・喫煙後30分ほど、血管は収縮した状態が継続し血圧が高くなる。また、煙草にはコレステロールを血管の壁に入り込みやすくする働きもある
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【脳】新着記事

サイレントキラーはいつのまにかやってくる!? 「動脈硬化」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「動脈硬化」は自覚症状がないまま進行するため「沈黙の殺人者(サイレントキラー)」とも呼ばれています。 「この間まであんなに元気だった人が...

2018/10/26 18:30掲載

「いま無性にコレが食べたい!」は、身体からのSOS?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ お腹が空いたから何か食べたい、ではなく「肉が食べたい!」「チョコレート!」など特定の食品を無...

2018/10/19 18:30掲載

見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年の夏は猛暑と熱帯夜が続き、メディアには「危険な暑さ」という表現が頻繁に登場しました。 熱中症の危険性はよく知られるところですが、最近...

2018/09/04 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

日本人に多いという「もやもや病」 いったいどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ シンガーソングライターの徳永英明さんは、2001年に「もやもや病」を発症したといいます。 翌年症状が落ち着いて歌手活動に復帰しましたが、...

2018/03/27 18:30掲載

「武者震い」はなぜ起こる? 科学的に説明できるの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 交渉事や駆け引きなど、重要な判断が求められる局面に臨んだとき… 気持ちが高ぶってカラダが震えるような経験をしたことはありませんか...

2018/02/13 18:30掲載