食後の運転は大丈夫? アルコールが含まれるチョコやケーキ…

Mocosuku(もこすく)
  • 食後の運転は大丈夫? アルコールが含まれるチョコやケーキ…

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

食後の運転は大丈夫? アルコールが含まれるチョコやケーキ…

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな」
 
運転をする人もしない人も、誰しも肝に銘じている言葉でしょう。
 
これはアルコール飲料についてはすぐに理解できますが、それ以外にもアルコールが含まれている食品は多数あります。
 
たとえばチョコレートのウイスキーボンボンや洋酒たっぷりのパウンドケーキなど。
 
運転に影響することはないのでしょうか?
 

 

飲酒運転の規則と罰則

 
「飲酒運転をしてはいけない」という規則は皆さんよくご存じでしょう。
 
これは道路交通法により定められています。
 
飲酒運転とはお酒を飲んで運転することで、車・バイク・自転車・船舶・列車などに適用されます。
 
また、アルコールの処理能力には個人差がありますが、飲酒後の運転は、飲んだアルコール量に関係なく飲酒運転と見なされます。
 
規則ですから当然、違反したときの罰則も定められています。
 
罰則は「酒酔い運転」「酒気帯び運転」に分類されます。
 
酒酔い運転は、酔って正常な運転ができない状態での運転を指し、呼気アルコール濃度は関係ありません。
 
一方、酒気帯び運転は、意識は正常であってもお酒を飲んだあとに運転することで、呼気アルコール濃度が0.15mg以上の場合を言います。
 
 
それぞれの罰則は以下のとおりです。
 

酒酔い運転

・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。
 免許取消しになり、3年間新たに免許が取得できません。
 

酒気帯び運転

・呼気アルコール濃度0.25mg/L以上では、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。
 免許取消しになり、2年間新たに免許が取得できません。
 
・呼気アルコール濃度0.15~0.25mg/Lでは、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金で、免停90日になり、2年間新たに免許が取得できません。
 
 
 なお、飲んだ本人だけではなく、車両提供者、アルコール提供者、同乗者にも罰則が科される可能性があります。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【アルコール】新着記事

食後の運転は大丈夫? アルコールが含まれるチョコやケーキ…

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな」 運転をする人もしない人も、誰しも肝に銘じている言葉でしょ...

2019/01/25 18:30掲載

宴会前に要チェック! お酒による頭痛の原因と対策

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ お酒を飲んだ後や翌日、頭がズキズキ痛い…この経験、多くの人は身に覚えがあるのではないでしょう...

2018/12/14 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

「アルコール依存症」の基礎知識。 診断基準と段階的な治療

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「依存」という言葉は“何かに寄りかかる”という意味です。 お互いに依存し合う「もたれあい」は適度であれば美徳と捉えることもでき、協力や協...

2018/10/05 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

いつもと違う二日酔いはメタノールが原因? 原因別に対策を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 楽しいお酒の席…しかし、飲み過ぎにつきものの「二日酔い」になるとやっかいです。 飲み過ぎが原因になると知りつつ、ついつい深酒をして辛い症...

2018/02/04 18:30掲載