ぎっくり腰の予防 …日常生活で注意すること

Mocosuku(もこすく)
  • ぎっくり腰の予防 …日常生活で注意すること

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ぎっくり腰の予防 …日常生活で注意すること

公開日時
更新日時

 
執筆:南部洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
監修:樋口二三男(医学博士 整形外科医 とらうべ顧問産業医)
 
 
ぎっくり腰の予防 について考えてみましょう。
 
ぎっくり腰の痛みは、経験者でなければ、わからないほどつらいもの。激痛で横になったまま、動けなくなります。何の前触れもなしに突然起こるので、ヨーロッパでは、「魔女の一撃」と称されるほど。
 
 

ただのくしゃみで、まさかのぎっくり腰に!?

 
重いものを持ち上げたときに起きる、と一般には思われていますが、くしゃみや咳、ベッドから起き上がろうとしたとき、顔を洗うとき、椅子に腰かけて後ろのものを取ろうとしたとき、また野球やゴルフの素振りをしたとき、などさまざまなケースがあります。
 
日常の何気ない動作で誰にでも起こりうるものです。
 
強烈な激痛が腰に起きるすべての腰痛は、「ぎっくり腰」と呼ばれます。専門的には「急性腰痛」とか「椎間捻挫」などと呼ばれます。
 
レントゲンなどで検査をしても、椎間板や骨格には、とくに異常が認められません。つまり、目立った所見や器質的変化が認められないにもかかわらず、腰痛が強い場合、「ぎっくり腰」と診断されます。未だ原因不明です。
 
適切な処置をせず、長引かせてしまうと、慢性の腰痛に進むケースが少なくありません。特に中高年の場合、しっかりとケアをして再発防止に努めましょう。
 
ぎっくり腰は、腰の中央部の椎骨の関節や椎間板などに傷がつき、神経を圧迫することから起きます。
中高年の場合、加齢や運動不足のために腰を支える筋肉が弱くなり、腹筋と背筋のバランスが乱れて、椎骨の関節や椎間板が変形して椎間板ヘルニアを起こしている場合もあります。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」。 名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでし...

2018/09/18 18:30掲載

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

乳幼児に多い「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」は早期治療を!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お出かけが増える季節。 お子さんを公園やプールに連れて行って、楽しく遊ぶ姿を微笑ましく眺める一方で、感染症が気になる親御さんも多...

2018/09/07 18:30掲載

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。 高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。 また、水虫というと足にで...

2018/08/17 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

都会で増えている「チャドクガ皮膚炎」 野外レジャーは要注意!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毛虫による皮膚炎はチャドクガという蛾の幼虫によって起こることが多く、毒蛾皮膚炎とも呼ばれています。 市区町村のサイトなどでは注意喚起が行...

2018/06/26 18:30掲載