病気(その他)

Mocosuku(もこすく)
  • 病気(その他)

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

様々な病気についてご紹介



涙と汗の違い を知っていますか? 労力と時間をかけてできあがったものを「汗と涙の結晶」と呼ぶことがあります。身体から排出される部位は違っていても、汗も涙もなめるとしょっぱく、どちらも似ているもののように見えますよね。特に夏は、運動をしなくても簡単に汗をかいてしまうシーズン。だらだらと流れる汗には、どんな効果が含まれているのか気になる人もいるでしょう。
いったい汗と涙にはどのような違いがあるのでしょうか?

 涙と汗の違い って?



ご存知の通り、涙と汗はそれぞれ「涙腺」や「汗腺」から分泌されます。みなさんのなかにも汗が目に入ってしみたことがある人もいるでしょう。汗は目にしみるのに、涙は目から出てきてもしみることはありません。涙も汗もどちらも塩辛い味がしますが、含まれている成分が違うのです。

涙:塩化ナトリウム、カリウム、アルブミン、グロブリン

汗:塩化ナトリウム、尿素、アンモニア、カルシウム(脂肪酸、糖質、鉄分、乳酸)



涙の成分は90%以上が水で、残りは塩化ナトリウムやカリウムなどの電解質や、アルブミン、グロブリンなどのタンパク質です。 汗には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つの種類あります。エクリン腺は、体温を調節するための汗腺で身体全身に分布しています。そしてアポクリン腺は脇の下や足の裏など特定の部位にある汗腺で、緊張状態にあるときやストレスを感じたときに分泌されます。アポクリン腺から出される汗は、エクリン腺に含まれる成分に加えて、脂肪酸や糖質などを含んでいます。

涙と違うのは、汗にはアンモニアや尿素などの成分が含まれていることです。汗が目にしみるのはこれが理由です。

また、よく夏になると「汗臭い」なんて言われることがありますが、汗自体にはニオイはないといわれています。汗をかいて時間が経つことで皮膚表面の常在菌が汗で繁殖することで臭うようになるのです。

 涙と汗の違い :汗がもたらす効果や役割

体温調節をする

気温が上昇したり、スポーツをしたり、風邪などを引いて体温が高くなったときに発汗します。身体や脳をクールダウンさせるための身体の仕組みとして、汗が排出されるのです。そのため、制汗剤などで必要以上に汗を抑えると、汗腺の機能を退化させ、熱中症になりやすくなったり、新陳代謝が悪い身体になったりする恐れがあります。 ほかにも、男性の汗はフェロモンとして機能するという説もあります。汗から異性を惹きつけるフェロモンが出ていると考えると、とても動物的な反応ですね。

 涙と汗の違い :涙がもたらす効果や役割

角膜や結膜への栄養補給と保護

まぶたを動かしやすくする潤滑材

紫外線や細菌などから守る

雑菌を消毒する



汗が体温調節をする一方で、涙には目を守る働きがメインです。「玉ねぎを食べたら目がしみて涙が出る」という人もいるでしょう。これは、玉ねぎを切ったときに発生する「硫化アリル」という物質が原因です。硫化アリル(気体)が目に届くと、目を傷つけないようにしようとして涙を流します。

また、目に入ったゴミや埃などを排除したり、雑菌を消毒したりする役割も担っています。

同じ体液といえ、涙と汗では成分も役割も違うことがわかりました。涙も汗も身体にとって大事な機能のひとつです。特に夏場は制汗剤で汗を抑えがちですが、体温調節を正常な状態にするためにも、行き過ぎないよう気を付けるようにしましょう。

監修:坂本忍(医師)

【病気(その他)】

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ドライシンドローム」というコトバをご存じでしょうか。 たとえば口の中がカラカラになる「ドライマウス」。インフルエン...

2016/12/21 21:30掲載

「手の震え」が伝える病気の前兆

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:岡本 良平(医師・東京医科歯科大学名誉教授) 「あれ?自分の意志と関係なく震えている!」 こういう経験をされたことはないでしょうか。 自分の意志とは関係ない動きを「不...

2016/10/13 18:30掲載

40歳を過ぎたら注意したい、3つの「目」の病気

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 近頃は、目の定期検診でぜひとも早期発見したい疾患があります。失明の危険がある病気として、メディアでも取り上げられることが多くなった「加齢黄斑変性...

2016/10/10 18:30掲載

「トイレ行きたい…」 近い人は何が違うの?

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) トイレの頻度は個人によって、また、季節や体調によっても変わります。それでも、ドライブの時は...

2016/09/26 12:00掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

関連サイト

めまい原因

めまいの原因は耳、脳、血圧の変動、ストレス…等多岐にわたっています。当サイトでは、めまいの原因について詳しく説明します。

逆流性食道炎薬

流動性食道炎とは、胃酸が逆流する事により生じる病気ですが、どのような薬が効くのでしょうか?当サイトでは、流動性食道炎に効果のある薬について説明します。

てんかん

「てんかん」のことを詳しくご存知の方は少ないかもしれません。 当サイトでは、てんかんの症状や原因、治療法や注意点を説明します。

腹膜炎

腹膜炎 とはどんな病気かご存知ですか?当サイトでは、緊急手術が必要なこともある腹膜炎 とはどんな病気なのか説明します。