不快な期間にさよなら! 生理を早く終わらせる方法 ってあるの?

Mocosuku(もこすく)
  • 不快な期間にさよなら! 生理を早く終わらせる方法 ってあるの?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

不快な期間にさよなら! 生理を早く終わらせる方法 ってあるの?

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:岡本良平(医師)
 
 
生理を早く終わらせる方法 はあるのでしょうか?友達とプールや海の計画を立てたのに、生理の日とかぶるとがっかりしてしまいますよね。
 
3日後に海を控えているのに「生理がはじまってしまった…!」、そんなとき、生理を早く終わらせることは可能なのでしょうか?
 
 

生理を早く終わらせる方法 :生理期間は平均して4~7日間

 
生理の期間は4~7日間が平均です。多くの女性は2~3日目が生理のピークで、それ以降は徐々に出血量が減っていきます。量にするとだいたいコップ1杯分。毎月120~140mlの経血が排出され、1回の生理期間で20~30枚ほどナプキンを使います。
 
生理は子宮のなかの内膜がすべて剥がれ落ちればそれで終わりです。生理自体を短縮することはできませんが、経血の排出する量を自分でコントロールすることはできます。
 
 

月経血コントロール法をつかう

ナプキンがなかった時代から使われてきたのが「月経血コントロール法」。これは、膣のなかに血をためて、トイレへ行くときに一気に経血を排出するといった方法です。慣れないうちはなかなかうまくいきませんが、鍛えることによって自分で経血の量を調整できます。
 
トレーニング方法は次の通りです。
 
1:ストローを吸い上げる容量で膣口を引き締め、10秒間キープする
2:力を抜いて5秒リラックスする
 
これを1日5~10セットで行いましょう。生理のときには1時間ごとにトイレへいき、息を吐きながら経血を排出しましょう。経血がスムーズに出ていくので生理終盤のだらだらと血が流れる期間が短縮されます。
 
 

タンポンを使う

決して早く生理が終わるわけではありませんが、タンポンを使うのもひとつの手です。タンポンは直接膣内に入れて経血を吸収するため、ナプキンを使うよりもわずかに期間を短縮できます。
 
膣内に残っている血を効率的に吸い取るという意味では、ナプキンよりもタンポンのほうが優秀です。
 
 

血液をさらさらにする食事を摂る

また、コンビニのお弁当や冷凍食品など血液をどろどろにしてしまう食べ物は、経血にも影響が出てきます。どろどろの経血はさらさらの経血と比べてスムーズに排出できず、生理期間が延びてしまうことも。
 
経血をさらさらにするためにも、生理前には塩分や脂質の多いものは避け、のりやワカメ、ごま、ひじき、プルーンといった子宮や卵巣の働きを活性化させるものを摂取するようにしましょう。
 
 

ビデを使う

生理がピーク時を過ぎ、終わりに近づいたときに使えるのが「使い捨てビデ」や「使い切りビデ」です。通常のトイレについている「ビデ機能」が膣の入り口を洗浄するのに比べ、使い切りビデは直接身体に入れて膣内を洗浄します。使い切りなので衛生面にもすぐれ、おりものが多くて気になるときや、プールで泳いだあとにも使用することができます。ドラックストアで200~300円で気軽に購入できるのもうれしいところ。
 
とはいえ、膣内を洗いすぎると必要な菌まで洗い流してしまうため、週に2回までが使用の目安です。直接膣内を洗浄することができるので、膣内に残った経血を洗い流すことができ、終わりかけのだらだら生理を解消することができます。
 
 

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【生理】新着記事

「手のこわばり」は更年期の症状? 正しい知識で安心な備えを

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「指や手がこわばる」という訴えが更年期世代の女性に多いということ、ご存じですか? これは意外と知られていない、更年期...

2018/04/02 18:30掲載

生理前・生理中の不調を緩和する、食事面でのポイント

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 生理前は調子が悪くなる、生理中は食欲がない…など、生理にまつわる体調の変化は人それぞれです。 いずれにせよ、カラダの...

2018/01/05 18:30掲載

女性ならではのお悩み…? なぜ月経前には甘いものが食べたくなる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性のみなさん、月経前になると、無性に甘いものが食べたくなることはありませんか? どうして、このような現象が起こるの...

2017/11/08 18:30掲載

毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 月経前になるたびにイライラしたり、落ち込んでしまったりしていませんか? 月経前にこのようないつもと違う精神的な変化が...

2017/02/27 18:30掲載

生理痛はガマンしない… は自然?不自然?

執筆:座波 朝香(看護師、助産師) 監修:坂本 忍(医学博士・公認スポーツドクター(日本オリンピック委員会強化スタッフ)・日本医師会認定産業医) 人と比べることが難しい生理(月経)。 生理痛(月経痛)...

2017/02/15 18:30掲載

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

2017/01/30 21:30掲載