生理

Mocosuku(もこすく)
  • 生理

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

生理のこと本当に理解してますか?



ここでは、 生理のメカニズム をおさらいしてみましょう。 知っている方も多いように、女性の体調の変化は、月経(生理)の周期に大きな影響を受けているのです。

 生理のメカニズム :生理ってそもそも何?



生理=月経は一般的に、10代から始まり40代後半くらいまで続きます。およそ28日の周期で、月経と排卵をくり返し、一度の月経は通常5日程度です。 しかし、これには個人差もあるため、自分の中でおおよそ同じ日数で次の月経が始まれば、それがその人の生理周期です。

 生理のメカニズム :生理はどこで起こる?



生理を理解するには、まず女性特有の臓器について知る必要があります。女性には特有の臓器(生殖器)として、卵巣・卵管・子宮・膣・膣口があります。 まず卵巣ですが、通常は親指の先よりも少し大き目で、子宮の左右に2つあります。卵巣の中には生まれた時からいずれ成熟した卵子となる元の細胞が詰まっています。女性の体がある程度成熟すると、女性ホルモンの働きが活発になり、卵巣の中で卵子を成熟させます。十分成熟した卵子は、卵巣を飛び出します。これが排卵です。 卵巣を飛び出した卵子は、すぐ近くにある卵管采とよばれる組織にキャッチされ、そのまま繋がっている卵管を通って、やがて子宮に到達します。

子宮は、妊娠していない状態では長さおよそ7cm、幅およそ4cmくらいの大きさで、洋ナシをひっくり返したような形をしています。子宮の周りには靭帯と呼ばれる組織があり、これに支えられた状態で、膀胱と直腸の間に浮かんだように固定されています。上側の2/3程度を子宮体部、下側の1/3程度を子宮頸部と呼びます。 この子宮の内部には子宮内膜と呼ばれる組織があり、排卵の周期に合わせてフカフカのじゅうたんのように厚くなります。もし卵子が受精していた場合、この子宮内膜にたどり着いて子宮内膜に潜り込み(着床といいます)、成長して胎児になります。これが妊娠です。一方で卵子が受精しなかった、あるいは受精していても成長できない状態の場合は上手く着床せず、やがて不要となった子宮内膜とともに体の外へ流れだします。これが月経です。

 生理のメカニズム :月経周期とホルモンの関係



女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲン: 卵胞と呼ばれる卵子の袋から主に分泌されるホルモンです。卵子が成熟する過程に従って、その分泌量が増えていきます。卵子は前回の月経初日からおよそ14日で排卵しますが、その前後数日が月経周期の中で最も分泌量が多くなります。またエストロゲンは子宮内膜に働きかけ、子宮内膜をフカフカのじゅうたんのように増殖させます。妊娠して赤ちゃんを育てる準備に入るわけです。排卵後の卵胞は黄体とよばれるものに変わりますが、この黄体からもエストロゲンが分泌されるため、排卵後に一時的に分泌量が減りますが、全体の半量程度の分泌量を維持します。

プロゲステロン: 排卵後の卵胞が変化した黄体から分泌されるホルモンです。プロゲステロンが子宮に働きかけることで子宮内膜の増殖がとまり、受精卵の受け入れ準備が始まります。 妊娠が成立しなかった時には黄体が消失するため、エストロゲンの分泌量も一気に減り、やがて子宮内膜が剥がれ落ちます。これが月経です。これら2つの女性ホルモンの分泌をコントロールするのが、脳の下垂体というところから分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンです。 月経が始まった頃に卵胞刺激ホルモンの分泌が増え、次の排卵にむけて卵胞および卵子が成熟します。十分成熟すると、今度は卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌量が一気に増え、特に黄体化ホルモンの急激な増加により排卵し、卵胞は黄体に変化します。

 生理のメカニズム :生理の経血と普通の出血の違い



ところで、月経血とは不要になった子宮内膜が剥がれ落ちたものですが、これには多くの血液が含まれています。体のどこかで出血するとやがてその血液は止まりますが、月経血は固まってしまうことはありません。 子宮の中で固まってしまうと、体の外へ流れ出ることが出来ませんよね。月経血には血液を固まらせない酵素が含まれているため、一度止血してもまた融解して(溶けて)流れ出て来ると考えられています。

【生理】

毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 月経前になるたびにイライラしたり、落ち込んでしまったりしていませんか? 月経前にこのようないつもと違う精神的な変化が...

2017/02/27 18:30掲載

生理痛はガマンしない… は自然?不自然?

執筆:座波 朝香(看護師、助産師) 監修:坂本 忍(医学博士・公認スポーツドクター(日本オリンピック委員会強化スタッフ)・日本医師会認定産業医) 人と比べることが難しい生理(月経)。 生理痛(月経痛)...

2017/02/15 18:30掲載

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

2017/01/30 21:30掲載

最近イライラすることが多い…考えられる原因は?

執筆:南部 洋子(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性のことですが、いつもは何でもないことに急にイライラしてしまう、ということは誰もが経験したことがあるでしょう。 男性には少しピンとこな...

2017/01/21 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

関連サイト

生理不順改善

生理不順を改善するには、生活習慣を改善し、ストレスをためないようにする事が重要です。当サイトでは生理不順改善の方法を説明します。

生理不順更年期

生理不順は、更年期になると体が閉経に向けて準備をする為、起こりやすくなります。当サイトでは、生理不順と更年期の関係や気をつける事について説明します。

生理早い

生理が予定日より早い…という経験はありませんか?当サイトでは、生理が早い原因と対処法について説明します。

生理痛和らげる

生理痛を和らげるためには、行うべき事と、してはならない事があります。当サイトでは、生理痛を和らげるために留意すべき事について説明します。

PMS治療

PMSの治療方法について、一般的な婦人科で行われている治療法や、心療内科での治療法、そして漢方薬や栄養療法などの治療法等とPMSの各治療方法の留意点について説明します。