手術と化学療法を組み合わせた すい臓がんの治療 とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 手術と化学療法を組み合わせた すい臓がんの治療 とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

手術と化学療法を組み合わせた すい臓がんの治療 とは?

公開日時
更新日時

すい臓がんの治療 法を知っていますか?

コラムニストで評論家の井尻千男さんが6月3日、すい臓がんのため亡くなられました。井尻さんは手術を終えた後も、衛星放送局「日本文化チャンネル桜」に出演し、復帰に向けたメッセージなどを残しています。
 

8月18日の放送では、がんは体の外から来る外敵ではなく、自己崩壊という形をとる病気であると、病院のベッドの上で考えをめぐらせたエピソードを語っています。病気を感じさせない元気な姿は、実際に復帰を期待させるものでした。

 

今年に入り、3月16日に放送された講演会の様子を見ると、少し痩せてはいるものの独特の語り口は健在でした。そして、今回の訃報です。現場復帰に向けて意欲的だったのになぜ? 治療は成功しなかったのか?と思われるかもしれませんが、すい臓がんの性質を考慮すると、少し見方が変わってくるかもしれません。

 

 

 すい臓がんの治療 :低い生存率

 

すい臓がんに対して、治癒を見込める治療は外科手術のみです。しかし、早期発見は難しく、すでに進行してから治療を始める場合がほとんどで、外科手術を行えるのは20~40%にとどまります。手術できた場合でも、5年生存率は非常に低く、10~15%とされています。発見が難しく治療も困難なすい臓がんは「がんの王様」とよばれ、5年生存率はすべてのがんの平均を下回ります。

 

現在のがん治療は集学的治療といって、手術を行う外科、薬剤による化学療法を行う内科、放射線治療を行う放射線科の連携によって治療を進める流れになっています。とりわけ手術単独での治療成績が悪い膵臓がんにおいては、集学的治療が非常に重要になります。

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【がん(その他)】新着記事

意味する内容が微妙に違う「がん」と「癌」。 その正しい意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 医学や医療の分野では、字も読み方も難解な用語が多くあります。 たとえば、腫瘤(しゅりゅう;はれもの)、悪心(おしん;吐き気や胸がむかむか...

2017/10/24 18:30掲載

タバコはやめたのに肺に疾患!? タバコと肺の関係

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ タバコをやめれば、肺の病気になるリスクが下がることが分かっています。 それでは、禁煙すると肺はもとに戻るのでしょうか? タバコが肺に与え...

2017/10/15 18:30掲載

「がんの三大治療法」 なにをどう選んだらよいのか

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ がんの治療法の大きな柱は、手術治療、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療の3つです。 がんの治療法を選択するためには、がんの状態...

2017/08/13 18:30掲載

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どんな病気で...

2017/06/18 18:30掲載

「がん」の再発や転移は食い止められないのか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:岡本 良平(医学博士、東京医科歯科大学名誉教授) かつては不治の病だった「がん」も、医療の大幅な進歩によって現在では治癒可能な病気になりつ...

2017/02/12 18:30掲載

がんを遺伝子から治す?「プレシジョン・メディシン」とは

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の約半数が、生涯のうちにかかる「がん」。 かつては不治の病とされていましたが、治療の選択肢が広がり、治癒を望めることも多くなってき...

2017/01/03 18:30掲載