うつ病を克服 するには「プライド」を捨てるべき?

Mocosuku(もこすく)
  • うつ病を克服 するには「プライド」を捨てるべき?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

うつ病を克服 するには「プライド」を捨てるべき?

公開日時
更新日時

一般的に経営者は心が強いと思われていますし周りに弱みは見せないように努力しがちです。
 
周りの力を借りて、考え抜くことで、経営上の難局を打開できていたとしても、どう考えても進むべき方向性すら見つけられずに堂々巡りを繰り返してしまうこともあります。
 
結果として、考えることに疲れ、ついには、体まで動かなくなってしまう……というケースもあるのです。
最終的には、肉体的にも精神的にも限界に達し、自分が生きるために、現状から逃避するしかないと思い定めてしまうのです。
こうやって、心が強いはずの経営者でも「うつ」になってしまうのです。
 
私は、自らがもがき苦しみ、そして回復できた過程を赤裸々にすることで、私と同じように精神的に苦しんでいる経営者やビジネスパーソンの方々を、「うつ病」の苦しみから救うきっかけを作りたいと思っています。
 
 

うつ病を克服 するまで:経営者としての高いプライドが、「うつ病」の原因?

 
遡ること3年前の秋、その新規性、新たな価値の創造を評価され数々の賞に浴してきたビジネスモデルが、東日本大震災を契機に機能しなくなりました。
 
当然、業績は急降下です。
起死回生の一打を打つには、大きな資本を必要としました。
 
しかし、業績の急降下を見た金融機関はお金を出してはくれません。
このジレンマの中、優秀なメンバーは一人、また、一人と会社を去っていきます。
会社に元気がなくなり、負のスパイラルは際限なく続くように思えました。
 
会社のすぐそばの自宅に帰っても、答えが出ずに、早い時間にベッドに横たわり、考え続ける日々が3ヶ月続きました。
 
ある経営者からは、現場で素振りを繰り返していれば、必ず答えは見えてくると言われました。
頭では理解できるものの、それすらする気力も体力も徐々に失せて行きました。
 
そして、昼間、お客様を訪ねた帰りに、駅のホームに立っているときに、線路に飛び込みたいと考える程思い詰めるようになっていったのです。
「これで楽になる!」と言うものすごい衝動が襲ってくるのです。
その衝動を、歯を喰いしばって押さえている自分がいつもいました。
 
自分には、経営者として、事業を立ちあげたものとしての高いプライドがありました。
今考えると、このプライドこそが、自ら を正真正銘の「うつ病」へと突き進ませた要因のように思えます。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【うつ病】新着記事

春が近づくと気分が落ち込む… それは「気象病」のせい?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 3月から4月にかけての早春は「木の芽時(このめどき)」とも呼ばれます。 冬から春への季節の変わり目は、体調や精神的なバランスを崩...

2018/02/23 18:30掲載

アナタにも起こりうる「燃え尽き症候群」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 日本においては、スポーツの代表選手や部活を終えた高校3年生が「燃え尽き症候群」になりやすいといわれます。 また、先ごろ電撃引退を...

2017/12/31 18:30掲載

「自分が自分である」感覚を喪失する…?「離人症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「自分が自分から離れてしまう感じがする」という症状が離人症です。 心が肉体から離れて、遠くから自分を観察している感覚や、自分が自...

2017/11/13 18:30掲載

LINEやメールで実践できる方法も。「認知行動療法」について

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは、「認知行動療法」という治療法をご存知でしょうか? 認知行動療法とは、うつ病をはじめとする精神疾患の治療法のひとつです。...

2017/10/22 18:30掲載

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

2017/10/21 18:30掲載

音楽を用いたセラピー…「音楽療法」とはどういう療法?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 音楽が好きな人はたくさんいますし、その楽しみ方は千差万別でしょう。 思想や技能の表現、国威発揚や民族団結の象徴、社会へのメッセー...

2017/10/14 18:30掲載