死に至る子どもの心臓病、国内初承認の「補助人工心臓 」への期待高まる

Mocosuku(もこすく)
  • 死に至る子どもの心臓病、国内初承認の「補助人工心臓 」への期待高まる

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

死に至る子どもの心臓病、国内初承認の「補助人工心臓 」への期待高まる

公開日時
更新日時

治癒を期待できる手段が心臓移植しかない重症の心不全があります。しかし、ドナーの提供がなければ心臓移植を受けることができないため、待っている間に亡くなってしまうケースも少なくありません。補助人工心臓 は待機中の生命維持を担う重要な医療機器です。

 

この度、小児用の補助人工心臓に対する治験の結果が発表されました。厚生労働省は今年6月、ドイツ・ベルリンハート社の「EXCOR」を国内で初めて小児用の補助人工心臓として承認。同機器については2011年より東京大医学部付属病院、大阪大医学部付属病院、国立循環器病研究センターで医師主導治験が行われており、東京大医学部付属病院の小野稔教授は8月29日、重症心不全の子ども9人全員の生存を伝えています。平均8か月半装着し、中には2年を超えるケースもあるといいます。同機器の承認以前、国内に重症心不全の子どもが1か月を超えて使える補助装置がなかったとこを考えると、大きな前進といえます。ここでは補助人工心臓の役割を確認しておきましょう。

 

心臓のポンプ機能を補う役割

 

通常、心臓は連続して休むことなく動いていなくてはなりませんが、急性あるいは慢性心不全に陥ってしまった場合、心臓の代わりに血液循環のためのポンプ機能を補うことが必要になります。このための治療装置が補助人工心臓です。小型化されており、身体に取り付けてある程度自由に行動することができます。しかし、補助人工心臓は、あくまでも心臓移植を待つ患者さんが移植を受けるまでの間、生命を維持するためのもので、永久に使えるものではありません。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【医療】新着記事

ドナーの数は足りている? 日本の骨髄バンクの現状

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 白血病などの治療法のひとつ「骨髄移植」。 この骨髄移植は、適合の問題などから公益財団法人日本骨髄バンクが管理し、日本赤十字社や地方自治体...

2018/04/24 18:30掲載

今さら聞けない「漢方薬」 ふつうの薬とは何が違う?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「漢方薬」と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 「ふつうの薬よりなんか良さそう」「副作用が少ない」「緩やかに効果がでる」など...

2018/02/19 18:30掲載

「延命治療」とはどういう治療? 現代の終末期医療について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「延命治療」という言葉を耳にしたことがあると思います。 実際には、どのような治療のことを指すのでしょう? また、延命治療は誰の意思で、い...

2017/11/27 18:30掲載

病気予防には栄養の力! 「栄養療法」をご存じですか?

執筆:座波 朝香(助産師、保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 高齢化や慢性疾患の増加を背景とした医療費の高騰が大きな社会問題となっている中「病気を予防する」という意味からも「栄養の力」に注目...

2017/01/16 21:30掲載

「健診」と「検診」は別のもの? 会社と自治体での違いは?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自分の健康状態を知るため、年に1回はぜひ受けておきたい健康診断。 会社や地方自治体から健康診断のお知らせの中に、「健診」もしくは「検診」...

2017/01/04 21:30掲載

がんを遺伝子から治す?「プレシジョン・メディシン」とは

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の約半数が、生涯のうちにかかる「がん」。 かつては不治の病とされていましたが、治療の選択肢が広がり、治癒を望めることも多くなってき...

2017/01/03 18:30掲載