プロ野球選手会の松原徹事務局長が逝去。死因の「 膀胱がん 」について

Mocosuku(もこすく)
  • プロ野球選手会の松原徹事務局長が逝去。死因の「 膀胱がん 」について

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

プロ野球選手会の松原徹事務局長が逝去。死因の「 膀胱がん 」について

公開日時
更新日時

日本プロ野球選手会事務局長の松原徹さん(58)が、「 膀胱がん 」のため死去されたことがわかりました。報道によれば、松原さんは昨年秋にがんの診断を受け、余命も宣告されていたそうです。ここでは、膀胱がんについて詳しく見ていきます。

 

膀胱がん とは

腎盂・尿管・膀胱といった尿の通り道に生じるがんを「尿路がん」と呼びます。

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【がん(その他)】新着記事

「がん」の再発や転移は食い止められないのか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:岡本 良平(医学博士、東京医科歯科大学名誉教授) かつては不治の病だった「がん」も、医療の大幅な進歩によって現在では治癒可能な病気になりつ...

2017/02/12 18:30掲載

がんを遺伝子から治す?「プレシジョン・メディシン」とは

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の約半数が、生涯のうちにかかる「がん」。 かつては不治の病とされていましたが、治療の選択肢が広がり、治癒を望めることも多くなってき...

2017/01/03 18:30掲載

11月15日は口腔がん検診の日。月に1度はセルフチェックを

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) 日本は「先進国の中で口腔(こうこう)がんの死亡数が唯一、増加している国」だということはご存じでしょうか? 口の中にできる口腔がんは、進行すると舌や顎、頬の大部分を切...

2016/11/15 12:00掲載

「お年寄りは進みが遅い」 がんの進行スピードは年齢で違う?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 日本人の死因・第一位である「がん」。 2015年にがんで亡くなった人は37万346人だそ...

2016/11/13 21:30掲載

もし今日「がん」の告知をされたら… そうなる前に考えておくこと

執筆:大泉 稔(ファイナンシャルプランナー) 健康診断の結果で「要精密検査」などの文字を見れば、誰しも不安になることでしょう。 精密検査で「問題なし」となるケースもしばしばありますが、不幸にも「この症...

2016/04/09 12:30掲載

「脳腫瘍」には良性と悪性が。 なにが違うの?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 脳腫瘍は、頭蓋骨の内側に発生する腫瘍(できもの、新生物)の総称です。他の臓器からの転移で...

2016/04/08 19:30掲載