「 声を若々しく保つ 」には 女性ホルモンの減少で声が老ける?!

Mocosuku(もこすく)
  • 「 声を若々しく保つ 」には 女性ホルモンの減少で声が老ける?!

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「 声を若々しく保つ 」には 女性ホルモンの減少で声が老ける?!

公開日時
更新日時

 
執筆:井澤佑治
監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 
国民的アニメともいえる『サザエさん』の磯野フネ役を演じる声優が交代したことが話題となっていますね。交代の理由は、これまで46年間にわたってフネを演じてきた麻生美代子さんの「年齢を考慮」してとのことですが、今月4日に寺内よりえさんが声を演じる「2代目フネ」が放送に登場した際には、「(声が)若い」「違和感がある」といった感想がツイッターでは見られました。
 
アニメ版『サザエさん』におけるフネの年齢設定が「50ゥン歳」(フジテレビの公式サイトより)ということを考えると、62歳の寺内よりえさんがフネの声を演じるのは、むしろ自然なことにも思えますが、これまで慣れ親しんできたキャラクターの声が変わったことに対して違和感を覚える人の気持ちもわかる気がします。
また、初代フネを演じた麻生美代子さんは、89歳という現在の年齢を考えると、とても若々しい声の持ち主ということが言えそうですが、実は近年ではアンチエイジングにおいても、「 声を若々しく保つ 」ことに注目が集まっており、海外では声の「若返り手術」もおこなわれているそうです。
 
 

「声が老ける」原因とは?

 
声を出すための筋肉である声帯も、肌や髪の毛とおなじように加齢とともに変化していきます。具体的には、年齢とともに声帯が萎縮することで、声がかすれたり、大声が出にくくなったりという現象が起きます。また、男性の思春期に「声変わり」の時期があるように、女性の場合は閉経の頃に女性ホルモンが減少することで相対的に男性ホルモンが優位になり、「声変わり」が起こるケースもあります。

 

こうした「声の加齢」を早める原因としては、まず喉の炎症があげられますが、なかでも喫煙が喉に与えるダメージは大きいといわれています。特に、ヘビースモーカーやチェーンスモーカーなど日常的に多くのタバコを吸う人の場合は、喉の炎症による痛みや違和感が慢性化していることもめずらしくありません。

 

また、お酒については「声に直接的な影響はない」という意見もありますが、アルコールによって声帯が充血したり、声帯に必要な潤いがなくなっている状態で「声を出す」ことは、やはり喉にダメージを与えてしまいます。ほかにも、舌や喉に刺激を感じるほど強いお酒や刺激物を摂ることも、喉の炎症の原因となる可能性があるため、控えたほうがよいといえるでしょう。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【アンチエイジング】新着記事

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

どう違う? 整体、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然ですが、「代替医療」という言葉をご存知でしょうか? 「西洋医学に代わる医療」という意味で、西洋由来のカイロプラクティックやホメオパシ...

2018/02/24 18:30掲載

「幹細胞コスメ」はなにがスゴイの?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 山中伸弥教授のノーベル賞受賞で、幹細胞の一つ「iPS細胞」に注目が集まりました。 これにともない「再生医療」という画...

2017/12/24 18:30掲載

キレイな人ほど知っている? その秘訣は「口角」にあり

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 口角は顔の上下の唇が合わさる部位のことを指しています。 「口の両わき」とも呼ばれ、この部分がキュッと上がると、チャーミングで、笑っている...

2017/12/20 18:30掲載

「肌の曲がり角」は何回くるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 肌の調子が悪いとき、オトナ女子なら一度は「もしかしてお肌の曲がり角!?」などと悩んだことがあるのではないでしょうか。 「肌の曲がり角」と...

2017/09/10 18:30掲載

年齢とともに、身長はだんだん縮んでいく?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毎年の定期健診を受けていますか? 健康度をはかる定期健診では最初に身長や体重などが測定されます。 ところでこの身長、若い時には毎年背丈が...

2017/08/24 18:30掲載