「 冷えのタイプ 」を知っておくことの重要性とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 「 冷えのタイプ 」を知っておくことの重要性とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「 冷えのタイプ 」を知っておくことの重要性とは?

公開日時
更新日時

 

寒い日が続くと、冷え症に悩まされる人も増えてきますが、ご自分の 冷えのタイプ をご存じですか?

また、冷えが原因で起きる肩こりや頭痛をやわらげるにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは、 冷えのタイプ別 にどのような漢方薬が効くのか見てみましょう。

 

冷え症 のタイプ によって漢方薬は異なる

 

一般的に、「冷え」は体質と考えられることが多く、「冷え性」の言葉が用いられます。これに対して漢方を専門とする医師の多くは、冷えをさまざまな病気のおおもとであると考え、治療が必要な病気という意味合いで「冷え症」の言葉を使います。

 

漢方の考え方によれば、冷え症は体のバランスの崩れが原因です。体のどういった要素に問題があるのかによって処方される漢方薬は異なります。冷え症に対しては、気力や体力が充実しているかどうかを表す「気(き)」、血行の良し悪しを表す「血(けつ)」、体の水分バランスを表す「水(すい)」の状態を判断して漢方薬を選択します。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【薬】新着記事

長くツライ便秘… 便秘薬に頼っても大丈夫?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ つらい便秘が長引くときは、セルフメディケーション(※)として便秘薬を使う方法もあります。 セルフメディケーションを取り入れる際は「どの程...

2018/03/26 18:30掲載

医薬品・医薬部外品・化粧品… この三つの違いはなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ドラッグストアなどで買い物をするときに、「薬用」とか「医薬部外品」といった表示が気になったことはありませんか? 薬やスキンケア用品などは...

2018/03/06 18:30掲載

今さら聞けない「漢方薬」 ふつうの薬とは何が違う?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「漢方薬」と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 「ふつうの薬よりなんか良さそう」「副作用が少ない」「緩やかに効果がでる」など...

2018/02/19 18:30掲載

自分の健康を管理する。「セルフメディケーション」を知ろう

執筆:大田 あこ(薬剤師) 皆さんは「セルフメディケーション」という言葉をご存知でしょうか? 高齢化社会といわれる近年、生活習慣病の増加などに伴い、健康の維持、病気の予防への関心が高まっています。 今...

2017/10/28 18:30掲載

8月24日は「薬害根絶デー」 薬害と副作用の違いとは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 病気を治療したり悪化を防ぐために飲む薬。 「薬は安全」と思って飲んでいる人は多いでしょう。しかし、人災で薬による健康被害(薬害)が発生す...

2017/08/23 18:30掲載

市販の薬が原因で!?「スティーブンス・ジョンソン症候群」

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 風邪をひいたときなど、軽症であれば市販薬で治すという方も多いのではないでしょうか。 そんな市販薬が原因で「スティーブンス・ジョンソン症候...

2017/07/29 18:30掲載