壇蜜、橋本マナミに「お譲りします」。他人の目を気にし過ぎないコツとは?

Mocosuku(もこすく)
  • 壇蜜、橋本マナミに「お譲りします」。他人の目を気にし過ぎないコツとは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

壇蜜、橋本マナミに「お譲りします」。他人の目を気にし過ぎないコツとは?

公開日時
更新日時

セクシータレントとして活躍している壇蜜さん(35歳)の発言が話題になっています。
壇蜜さんは、同じくセクシー路線で頭角をあらわしている橋本マナミさんから「セクシーさでは負けない!」とライバル宣言を受けていましたが、それに対して「お譲りします。
他人を気にすることは自分の心が年相応に成長していないということです」と謙虚な回答をしたのです。
 
他人を意識して競ってしまうことは誰しもがあることです。
しかし壇蜜さんは気にし過ぎないようにと自分を戒めていることがわかります。
この発言に、立派だと思った人も多いでしょう。
 
他人の目を気にする心理にはどのようなものがあるのでしょうか?臨床心理士で神奈川大学教授の杉山先生にお聞きしました。
 
 

他人の目が気になるのは「不安定なポジション」にいるとき

 
他人を気にするのは人としての本能に基づくものです。
特にライバルとして誰かが自分と張り合ってきたら、感情的に反応してしまいます。なぜなら、人は本質的に上下関係を気にする生き物なのです。
社会というヒエラルキーのある環境で生きているのですから、これは人として必要な心理と言えます。
 
そして自分のポジションが悪くなると不愉快になって、少しでもより良いポジションを求めるようになります。
言い換えれば、不安定なポジションに居ると、他人の目や動向が気になってしまうのです。
 
特にタレントさんは同じポジションに人がかぶりすぎると自分の仕事や芸能界での居場所がなくなりかねません。
一般の人よりも他人のことを気にすることが多いかもしれません。
自分を押しのけそうな人が現れたら、苛立ちも覚えるでしょうし、不安を感じて自信をなくすかもしれません。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【人間関係】新着記事

LINEやメールで実践できる方法も。「認知行動療法」について

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは、「認知行動療法」という治療法をご存知でしょうか? 認知行動療法とは、うつ病をはじめとする精神疾患の治療法のひとつです。...

2017/10/22 18:30掲載

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 喫茶店やカフェなどで、長時間、女性どうしで盛り上がっている姿をよく見かけますね。 一般的に「女性はおしゃべり」といわれていますが...

2016/12/24 12:00掲載

恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 自分でもダメだとわかってるけど変えられない、やめられない、抜けられない・・・。 恋でも仕事でも、そんな“つらい”経験のない人は、もしかしたらいないのかもしれ...

2016/09/10 18:30掲載

言いにくいコトを、相手を傷つけず指摘するには

執筆者:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 社会生活をしていると、他人といっしょにいる機会は多く、楽しかったり嬉しかったり、満足することも多い反面、嫌な思いをすることも少なくないでしょう。たとえば、...

2016/09/09 12:00掲載

「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

執筆:Mocosuku編集部 ハワイの生きる知恵「ホ・オポノポノ」を知っていますか? 普段の職場や学校からハワイで解放されたい! そんな希望をもって、いつも明るくふるまってはいても、内心はいつも不安で...

2016/04/10 20:30掲載

人間関係にも「断捨離」が必要! 本当に?

執筆:杉山 崇(神奈川大学人間科学部/大学院人間科学研究科教授) いらないものを手放す「断捨離」。 やった人からの「気持ちが変わった!」「やってよかった!」という声を聴いて、「やってみようかなあ…」と...

2016/04/09 18:30掲載