人間関係

Mocosuku(もこすく)
  • 人間関係

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

人間関係で悩んだら



人間関係の息苦しさ を感じたこり、「この人と話すのはなんとなく苦手なんだ…」と思う相手っていませんか?それは、どうしてなのでしょう?

 人間関係の息苦しさ :幸せな人間関係をひきよせる



ハッピーになれる考えは、こうです。まず苦手な理由って、何でしょう? 「とにかくあの人がキライなんです」 といった気分的な問題を答える人も多いんです。でも、実は会話の「間」が合わないことが「苦手」につながることって多いんです。

逆にいうと「間」が合うと、それまで苦手な人だった好感度が上がったりするから不思議です。
「あの人が苦手で嫌い…」のキモチの何割かは、「間」が合わないことでさらに苦手の拍車がかかってしまっているんですね。 本当に「間」が合うやりとりは、とても心地よいものです。ちょっとくらいの相性の悪さはカバーしてくれるんです。
好きな人に、苦手な人に、もっともっと「間」を自由自在に使いこなして、心地よい人間関係を導いてみませんか。ここだけの話、会話の達人にだってなれるかもしれません。

 人間関係の息苦しさ 、その正体とは?



「間」とは会話のテンポのことです。私たちにはそれぞれの体のテンポがあります。
心臓の動きもそうですし、脳の動きにも一定のテンポがあります。中でも呼吸のテンポは重要です。
テンポを乱されるということは、呼吸のリズムを乱されるということ。 呼吸も苦しくなります。つられて心臓もドキドキします。まさに「息苦しい」が会話が苦しい理由の一つなんです。
対策は自分の呼吸に注目しながら会話をすること。自分のテンポをキープしながら相手の話の意味だけに注目しましょう。注意は意図的に分散できるものなので、ちょっと練習すればだれでもできるようになります。

会話は、話の意味とその背景にある相手の目的さえ理解すれば成立できます。無理に相手のリズムに合わせる必要はないのですね。

 人間関係の息苦しさ :苦手だけど、どうしても親密になりたい相手がいる



悩ましいのは、意中の人とか、重要な関係者とか、これから親密になりたい相手です。 ほとんどの人は自分のリズムで会話が進むほうが心地よいので、多少相手に合わせてあげたほうが好感度が上がる時もあります。
そんな時は「必要な息苦しさ」と割りきって、まずは親密になるチャンスを活かしましょう。

 人間関係の息苦しさ :沈黙の破壊力



さて、問題です。会話の盛り上がりを一瞬で打ち砕く破壊力といえばなんでしょう?

答えは、「沈黙」です。 試してみてください。どんなに盛り上がっている会話であっても、誰かが急に黙りこむと一瞬で雰囲気が変わります。

そして、「何があったんだろう」、「気を悪くさせたのか…」とみんなを不安にさせます。
そうです、会話における沈黙は不安と困惑を生むのです。

 人間関係の息苦しさ :気まずさの正体



人は周りの人の心のなかを無意識的に気にしています。会話は相手の心のなかを窺う大きな手がかりです。だから会話は大事なんです。

とくに会話の流れは重要です。
流れが途切れると「自分を不愉快に思っていないか?」と無意識的に心配になるんです。
何を考えているかわからなくて、
「あの人、何を考えているんだろう」
と心配になるあまり、相手を信用できなくなったりもします。これが「気まずい」の正体です。

 人間関係の息苦しさ :相手の心のなかを知る方法



「間」の合わない会話は沈黙が増えるもの。すなわち「気まずい」が増えて、私たちは落ち着かなくなるんですね。さて、こんなときはどうしたらいいのでしょうか。

心のなかを窺う大きな手がかりはあと2つあります。表情と視線です。特に笑顔で相手を軽く見つめる、一瞬だけ視線を合わせる(アイコンタクト)、が相手と自分自身を落ち着かせるのには有効です。

すると、あら不思議、気まずい沈黙が心地よい沈黙に早変わりします。 「気まずい」と感じたら試してみてください。



<執筆者プロフィール>
杉山 崇(すぎやま・たかし)
神奈川大学人間科学部/大学院人間科学研究科教授。教育支援センター副所長、心理相談センター所長(15年4月から)臨床心理士、公益社団法人日本心理学会代議員、キャリアコンサルティング技能士。 今年4月に『入門!産業社会心理学-仕事も人間関係もうまくいく秘訣(北樹出版)』が発売予定。

【人間関係】

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 喫茶店やカフェなどで、長時間、女性どうしで盛り上がっている姿をよく見かけますね。 一般的に「女性はおしゃべり」といわれていますが...

2016/12/24 12:00掲載

恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 自分でもダメだとわかってるけど変えられない、やめられない、抜けられない・・・。 恋でも仕事でも、そんな“つらい”経験のない人は、もしかしたらいないのかもしれ...

2016/09/10 18:30掲載

言いにくいコトを、相手を傷つけず指摘するには

言いにくいコトを、相手を傷つけず指摘するには

執筆者:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 社会生活をしていると、他人といっしょにいる機会は多く、楽しかったり嬉しかったり、満足することも多い反面、嫌な思いをすることも少なくないでしょう。たとえば、...

2016/09/09 12:00掲載

「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

執筆:Mocosuku編集部 ハワイの生きる知恵「ホ・オポノポノ」を知っていますか? 普段の職場や学校からハワイで解放されたい! そんな希望をもって、いつも明るくふるまってはいても、内心はいつも不安で...

2016/04/10 20:30掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。...

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 通勤電車やエレベーターなどで、見知らぬ人が寄ってきて、やたら近づいてきたので不快に感じた、というような経験はありませんか。 これは「パーソナルスペース」とい...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

関連サイト

LINEいじめ

LINEいじめ

LINEいじめは、度々報道されていますが、その状況、原因の分析と対策の構築については、まだ充分ではありません。当サイトでは、LINEいじめの実態、原因、認識、対策等について、考えていきます。