がんに対する意識を大きく変えた2015年。若い世代の反応は?【後編】

Mocosuku(もこすく)
  • がんに対する意識を大きく変えた2015年。若い世代の反応は?【後編】

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

がんに対する意識を大きく変えた2015年。若い世代の反応は?【後編】

公開日時

前編では、調査会社が集めたアンケート結果を基に、北斗晶さんの乳がん報道が女性たちに与えた影響について考察しました。後編では、特に若い世代の反響が大きかった理由について考えていきたいと思います。

北斗さんの報道後に乳がんの相談件数が増加

ここでは、助産師が電話相談にあたっている株式会社とらうべの「女性のカラダ相談室」に寄せられた相談件数や相談内容の分析結果も参考にしつつ、どのような変化があったかを見ていきましょう。

今回の調査では、北斗晶さんががんであることを公表した9月23日を基準に、前後各30日間(前:8月10日~9月22日の営業日、後:9月23日~11月6日の営業日)の電話相談の件数や年代ごとの割合を比較しました。

まずは、相談件数を見ていきましょう。公表前30日間の全体の相談件数は15件、公表後30日間の総相談件数は37件でした。その中で、乳がんに関する相談件数は、公表前が10件だったのに対し、公表後は28件と、18件増加しています。

次に、乳がんに関する関心がどの年代で増加したのか、北斗さんの発表前→発表後で、年代別の割合がどう変化したかを比較してみましょう。

20代:1件 → 5件
30代:2件 → 9件
40代:2件 → 7件
50代以上:2件 → 2件
その他:3件 → 5件
合計:10件 → 28件

問い合わせ件数は20〜40代すべてで増加しており、特に20代と30代では件数が大きく増加しているのがわかります。この結果からも、北斗さんのがん公表によって、若い世代の意識に大きな変化があったことが推測されます。

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【乳がん】新着記事

自分の乳房はどのタイプ? “がん”が発見されにくい「高濃度乳房」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人女性の11人に1人が一生のうちに患う可能性があると言われる「乳がん」。 乳がんで亡くなる女性の数は増加の一途をたどっていま...

2018/07/24 18:30掲載

「乳がん発症リスク」は胸のサイズに関係ある?ない?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「私は胸が小さいから乳がんにならないわ」 そう思っている方が意外に多いようです。 本当にそうなのでしょうか。 また、...

2017/11/28 18:30掲載

適齢期はいくつ?「婦人科健診」の内容について

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婦人科健診、受けていますか? 実はひとくちに「婦人科健診」といっても、いくつかの検査が含まれています。 そこで今回は、婦人科健診...

2017/10/25 18:30掲載

女性だけじゃない、男性も「乳がん」になることがある?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 近年、注目度が高まっている「乳がん」。 乳がんと聞くと、女性がかかる病気というイメージが強いでしょう。 実際、乳がん...

2017/07/02 18:30掲載

やってみよう! 「乳がん」自己検診の方法をご紹介

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 昨今、がんのことがメディアでもよく取り上げられています。 おそらく皆さんも、ご自身のカラダについて見直すきっかけになっているのではないでしょう...

2016/12/03 12:00掲載

乳がんが「リンパ節に転移」とはどういうことなのか

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 北斗晶さんや小林麻央さんといった著名人が罹ったことで関心が高まっている「乳がん」。 特に“リンパ節に転移している”ということが話題になりました。 乳...

2016/11/11 18:30掲載