飲み会が座敷でも、安心してブーツを履ける方法

Mocosuku(もこすく)
  • 飲み会が座敷でも、安心してブーツを履ける方法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

飲み会が座敷でも、安心してブーツを履ける方法

公開日時
更新日時

飲み会のお店がお座敷だったとき…ブーツを履いて来て失敗!と思うことはありませんか?
 
脱いだり履いたりがめんどくさいこともさることながら、やはり気になるのがブーツを脱いだ時の 足の臭い 。
1日中ブーツを履いていた足は汗をかき、ムレています。
ここでは、足の臭いの原因と対策についてご紹介します。

 
 

雑菌やバクテリアが繁殖するための条件は、高温、多湿、角質

 
臭いの原因となる雑菌は、どの人の足にもある常在菌です。
寒い冬、足を寒さから守ってくれるブーツですが、ブーツの中は密閉され、湿度95%以上、温度は32℃以上。
雑菌やバクテリアが繁殖する最高の環境となっています。
 
特に、女性はストッキングやタイツを履くことが多いですが、ストッキングは思った以上に通気性が悪く、ストッキングにブーツを履く女性は、靴下に革靴を履く男性の約6倍も雑菌が増殖するとも言われています。
 
汗自体には、臭いは殆どありませんが、汗と雑菌が混ざることによって、あの独特の臭いになります。
 
また、水虫の原因となる「白癬菌(はくせんきん)」は、カビの一種で、他の人から感染します。
 
プールやお風呂のマットなど、不特定多数の人が使う場所からうつりやすいのです。
 
菌の種類は異なりますが、白癬菌も高温多湿の環境だと感染しやすく、増殖しやすくなります。
白癬菌自体は臭いを発しませんが、白癬菌によって肌の状態が荒れると雑菌が入り込みやすくなり、臭いを発するようになります。
 
そして、余分な角質や爪の間の汚れなどをエサに大量繁殖した雑菌やバクテリアの出す排泄物の腐敗臭も臭いの原因です。
 
雑菌やバクテリアが繁殖するための条件は、高温、多湿、角質。「湿度70%以上・温度15℃以上」になると活発に増殖します。
つまり、この「高温」「多湿」「角質」を排除するのが臭い対策の基本なのです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【におい】新着記事

これでもう安心? 臭いが気になるニンニクやニラなどの対処法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康や美容に良いとされるニンニク、ネギ、ニラ、キムチなどの食材。 でも、食べたくても営業でお客さんに会う予定やデートを控えているときなど...

2018/07/27 18:30掲載

“イイにおい”が原因で体調不良? 「香料アレルギー」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の消臭意識は、世界的にもずば抜けて高いといいます。 「過敏すぎる」と指摘される向きもあります。 そして、芳香剤や柔軟剤、お菓子など...

2018/03/02 18:30掲載

においの正体は「臭い汗」? クサイ汗と、そうでない汗があるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 残暑とはいえ、まだまだ汗をかく季節。 ところで、ご存知ですか? 爽快な「いい汗」をかく人と、不快な「臭い汗」に困っている人がいるようです...

2017/09/04 18:30掲載

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

2017/06/09 18:30掲載

やっぱり気になる「加齢臭」 自分で気づける?どんなニオイ?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 中高年に特有な体臭の「加齢臭」。 “オヤジ臭”とも悪口をいわれますが、女性にもあります。 現在、脂肪酸が常在菌や過酸化脂質によっ...

2017/04/03 21:30掲載

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

2017/03/26 18:30掲載