におい

Mocosuku(もこすく)
  • におい

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

におい(ニオイ)について気になる事

夏は汗をかきやすい季節。見た目だけでなくニオイのケアも気になるところですよね。ところが、自分ではきちんとケアしているつもりでも、やり方によっては効果がないこともあるのです。そこで今日は、汗のニオイを防ぐための 制汗剤 の上手な使い方をお教えしましょう。

制汗剤 本当に悪いのは汗じゃなく「雑菌」

そもそもどうして汗は臭いのでしょうか? いえ、実は汗は臭くないのです。汗は肌表面に出てきた時点では無味無臭。ところが、時間が経つと雑菌と汗の中の成分が反応して、人によっては強烈なニオイを発するようになるのです。

制汗剤 「汗の成分を身体に残さない」のがポイント

汗のニオイが気になり始めるとその箇所に制汗スプレーをかけまくる人がいますが、それはあまり効果がありません。大切なのは「汗の成分を身体に残さない」ことなのです。シャワーで洗い流すのがベストですが、外出先などで難しい場合は市販の汗ふきシートなどを活用するといいでしょう。通勤時にたくさん汗をかいてしまう人は、1枚余分に薄手の下着を用意しておき、オフィスに着いたら下着を取り替えるという方法もお勧めです。

制汗剤「夜の入浴後」にも使う

また、肌の上の雑菌を増やさないようにするのも効果的。そのために活用したいのが制汗アイテムです。スプレータイプやロールオンタイプなど各種ありますが、どちらにしても使い方次第で効果が大きく違うので、正しい使い方を覚えておきましょう。制汗アイテムというと、ほとんどの人は「朝の外出前」に使っているのではないでしょうか。しかし、朝使うだけでは不十分なのです。というのも、前日の夜のお風呂のあと、寝ている間にかいた汗と雑菌がすでに反応して、翌朝には臭くなり始めているからです。従って、ベストなのは「夜のお風呂のあとに使って、さらに翌朝も使う」方法。できれば、朝起きたあと汗が気になる部分を拭き取るか、シャワーを浴びてからつけるとさらに効果的です。

「におわない汗」をかく体質になろう

実は、汗には「サラサラした良い汗」と「ベタベタした悪い汗」があります。良い汗は素早く蒸発するので肌に残りません。一方で悪い汗はベタベタして皮膚に残りやすく、しかも成分の濃度が高いために雑菌と繁殖しやすいのです。エアコンが発達している現代では昔よりも汗をかく機会が減っており、「良い汗をかく能力」が低下していると言われています。つまり、ニオいやすい汗をかく人が多いのです。これを改善するには、「汗をかくトレーニング」をするのが一番。ベストなのは定期的に運動して汗をかく習慣をつけることですが、それが面倒くさい人は足湯を利用するといいでしょう。40~42度のお湯に10~15分ほど脚を浸けるだけでOK。最初のうちは汗が出にくいかもしれませんが、2週間ほど続ければ、汗腺の状態が改善されて上手に汗をかけるようになるはずです。もちろん、半身浴でも構いません。とにかく1週間の中に「積極的に汗をかく時間」を作るようにすることです。夏だけではなく1年を通じて続けると、体質が根本から改善されるでしょう

【におい】

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

2017/03/26 18:30掲載

「加齢臭」はどうして出るの? 歳をとるなら仕方ない?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭は中高年に特有な体臭のことです。 俗に“オヤジ臭”ともいわれるので男性に特有な臭いと思っている人が多いかもしれませんが、男女差に関...

2017/02/23 18:30掲載

足汗とブーツのムレを徹底対策、気になるニオイを撃退!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 忘年会や鍋パーティーなど、自宅外でブーツや靴を脱ぐことが多くなりました。 この季節、気になることのひとつが足のニオイ。どんなにオ...

2016/12/16 12:00掲載

通勤電車でのイヤな臭い、カラダへの悪影響は?

執筆:井上愛子(保健師、看護師) 通勤電車やオフィスなど、密閉された空間で、臭いが気になる…という経験はありませんか? もしかすると、今この記事を読んでいるあなたも、まさに周りの臭いに悩まされている状...

2016/10/26 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

銭湯好きは必見、「レジオネラ菌」とは

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平医師(東京医科歯科大学名誉教授) 公衆浴場で感染してしまった例があるという「レジオネラ菌」には、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか? 以下から詳しく...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯ブラシはやっぱり電動がイイ? 歯医者さんが薦めるのは

執筆:影向 美樹(歯科医師) 近年では家電量販店などで様々な種類の電動歯ブラシが販売されています。 実際に購入された方の中には、その仕上がりの良さに「もう手放せない!」と長く愛用される方がいる一方、し...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...