親子で共通認識できてる? 自転車運転でやって良いこと・悪いこと

Mocosuku(もこすく)
  • 親子で共通認識できてる? 自転車運転でやって良いこと・悪いこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

親子で共通認識できてる? 自転車運転でやって良いこと・悪いこと

公開日時

 
自転車は、運転免許が不要で誰でも乗ることができ、そして車検や自賠責保険の加入義務もない、非常に手軽な乗り物です。
就学前の子供からお年寄りまで、幅広い年代の人々が利用しています。
 
普段、あまり意識することはないかもしれませんが、自転車は法律(道路交通法)上は「軽車両」と呼ばれ、乗用車に準ずる交通ルールが定められています。

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【自転車】新着記事

ヘルメット被っている? 他人事ではない「自転車事故リスク」を下げるには

執筆:Mocosuku編集部 東京では、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が2017年2月1日に改正・施行されることとなっています。 この取り組みは、東京都がau損保等と協定して進め...

2017/01/31 18:30掲載

子どもの送り迎えで脚が太くなる?!美脚をつくる自転車の乗り方のコツ

便利な乗り物として、幅広い世代に愛されている自転車。サイクリングの趣味や運動目的で使用している人も多いでしょう。特に、子育て世代にとっては子どもの送り迎えにも必須アイテムです。 一方で「ママチャリは便...

2016/02/19 17:00掲載

親子で共通認識できてる? 自転車運転でやって良いこと・悪いこと

自転車は、運転免許が不要で誰でも乗ることができ、そして車検や自賠責保険の加入義務もない、非常に手軽な乗り物です。 就学前の子供からお年寄りまで、幅広い年代の人々が利用しています。 普段、あまり意識する...

2016/02/19 17:00掲載

【数値で見る自転車事故】事故の15.9%は15歳以下が当事者という事実

警視庁が公表しているデータによれば、2014年中に起きた交通事故のうち、自転車が関わっている事故は11万2134件(全国合計)でした。 この数を「年齢層別」に見ると、「15歳以下」は1万7805件で、...

2016/02/19 17:00掲載

運転しやすく安全な、子どもの「自転車」と「ヘルメット」の選び方とは?

自転車を購入する際には、洋服のような「大は小を兼ねる」という買い方はできませんよね。でも価格も張るので何を選んだらよいか…。安全でかつ運転しやすい自転車選びのコツと、最近着用が当たり前となっているヘル...

2016/02/19 17:00掲載

自転車に乗る子供に絶対に教えておきたいこと:事故時の対応マニュアル

交通事故に遭うと、大の大人でも動揺して、適切な行動がとれないことがしばしばあります。 事故の当事者が子供ならなおさらです。 もしも自転車に乗っていて交通事故を起こしたら(あるいは巻き込まれたら)、どう...

2016/02/19 17:00掲載