4月は、いじめ注意月間?! 子どもがいじめにあわないために、親としてできることとは?

Mocosuku(もこすく)
  • 4月は、いじめ注意月間?! 子どもがいじめにあわないために、親としてできることとは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

4月は、いじめ注意月間?! 子どもがいじめにあわないために、親としてできることとは?

公開日時
更新日時

 
朝、学校に行ったら机の引き出しがゴミでいっぱいだった…。
いきなり後ろからケリを入れられて顔面から床に倒れて鼻血が止まらない…。
反感を持つ同級生が周囲を扇動して取り囲まれて土下座を強要される…。
 
これらは学校におけるいじめの一例です。
 
今日もどこかの学校でこのような被害に合う人がいるかもしれません。
被害にあった子どもは一生消えない心の傷を負います。
 
人が信じられなくなると、社会で能力を発揮することが難しくなる傾向があります。
自己価値を疑うようになるので、大事なところでも頑張ることができにくくなるのです。
いじめ被害による心の傷は、本人が持っている将来の可能性を奪いかねない深刻さを持っているといえるでしょう。
 
特に、新学期が始まる4月は、注意すべき時期。クラス替え、新入学など環境も大きく変わるので、いじめが起こらないか充分なチェックが必要です。
 
このようないじめの被害から子どもを護るために親にできることはないのでしょうか。
学校心理学に詳しい臨床心理士で神奈川大学教授の杉山崇先生に聞いてみました。
 
 

子どもをいじめから守るために親ができる2つのこと

子どもに被害を避ける方法を教える

子どもに教えるべきことは、まずは「学校にはいい人もいるけど悪い人もいるかもしれない」ということです。
悲しい現実ですが、どのような犯罪者もかつては子どもでした。学校に通っていました。
ターゲットを狙っている悪質ないじめ加害者が隣にいる可能性もあるのです。
 
このような加害者が狙うのは自己主張が少なく服従的で気がいい子どもです。
落ち度なしに嫌なことをされたら、嫌だと言える勇気、大人に相談できる勇気を日頃から育ててあげたいですね。
 
そのためには、事件になったいじめ関連のニュースを家族で調べてみるのも一つの方法です。
これは、いじめ予防リテラシーを育ててあげることで、いざというときに効果があります。
 
悲惨な話題なので抵抗があるかもしれませんが、学校で防犯リテラシー教育をしているのと同じです。
いざという時の免疫を付ける意味でも、いじめ予防リテラシー教育は考えてあげてください。
 
 

学校とコンタクトがとれるパイプを作っておく

また、学校とコンタクトが取れるパイプとしてはまずは担任の先生とのコンタクトを大事にしてください。
 
担任の先生はいざという時にいじめがエスカレートする前に手を打てる重要なキーパーソンです。
機会があればできるだけ担任に協力するようにすることを基本として、時にはクラスの状況や学校行事について意見を求めたり、説明を求めたりする態度も取り入れてお付き合いするといいでしょう。
 
時間と労力に余裕があればPTAや学校ボランティアに参加して担任以外の先生方ともパイプを作っておくとなお安心です。
 
また、担任の先生が極端に個性的だったり、お子さんにあまり好意的でなかったりする場合もあります。
そのようなときはお電話でも構いませんので教育委員会の相談窓口にコンタクトしてください。
 
教育委員会は学校を監督する立場にあるので、父兄からの声は企業で言えば消費者の声と同じです。
先生が個性的で心配…、子どもに好意的でない気がするのですが…、といった相談でも対応してくれます。相談があったことは原則秘密です。
希望しないかぎり学校に知られることもありません。
 
いじめが発生した時に担任が頼りにならなかったとしたら、教育委員会を頼るのが近道です。
いざという時に担任に頼れないという予感が強い時は、予め教育委員会に相談しておくと万一の時に相談がしやすいものです。
学校を監督する立場なので、何らかの手立てを教えてくれます。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【子育て】新着記事

幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ やっと出産してかわいい赤ちゃんと出会えた喜びもつかの間、始まるのは寝る暇もないほど忙しい毎日です。 産後の心身の状態...

2017/08/28 18:30掲載

助産師さんに聞いた「ベビーベッドの必要性」

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 出産が控えているお宅では、赤ちゃんとの生活に必要なものの準備を始めていることでしょう。 なかでも、必要かどうか迷うことが多いのが...

2017/07/23 18:30掲載

炭酸飲料やコーヒーを子どもが飲んでいるけれど… 身体に悪影響はない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ コーヒーや炭酸飲料の摂りすぎは、大人でも「良くない」と広く知られています。 それでは、体格の...

2017/07/12 18:30掲載

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載