施設介護を「お金」で選んでよかった実例

Mocosuku(もこすく)
  • 施設介護を「お金」で選んでよかった実例

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

施設介護を「お金」で選んでよかった実例

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 

施設介護を選ぶ場合、少しでも家から近い施設に入居させた方がいい、と思う人は少なくありません。
 
しかし、Cさん(仮名)は予算的なこともあり、家から遠方の施設への入居を決意。
 
ところが、 施設介護をお金で選んで予想外に良い方向に転がったと言います。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【介護】新着記事

都会で働く人は知っておくべき「遠距離介護」

執筆:Mocosuku編集部 「実家の親を介護しなければならなくなったら」。 そう不安を抱く都心暮らしの人は多いのではないでしょうか。 特に実家が都心から離れていればいるほど、行き来しながらの介護は難...

2016/10/08 12:00掲載

施設介護を「お金」で選んでよかった実例

執筆:Mocosuku編集部 施設介護を選ぶ場合、少しでも家から近い施設に入居させた方がいい、と思う人は少なくありません。 しかし、Cさん(仮名)は予算的なこともあり、家から遠方の施設への入居を決意。...

2016/02/23 21:30掲載

保育と介護 ! 保育士と介護士が安心して働くためには

ここでは 保育と介護 についてご紹介します。 働きながら子育てをするために欠かせない「保育施設」、また身体障害や加齢に伴い介護を必要とする人に欠かせないのが「介護サービス」です。いずれも、時代の要請か...

2015/10/24 14:06掲載

運動機能の低下予防 !立ち上がる能力と、歩く速さがロコモ予防の鍵

ここでは 運動機能の低下予防 についてご紹介します。 65歳以上の人が平均4年後に介護サービスが必要になる予測因子には次の2つがあります。 1)椅子からの立ち座りを5回繰り返すのに要する時間(秒)が長...

2015/06/24 16:44掲載

生活不活発病の予防法 ! 熊本県で避難勧告…「生活不活発症」にならないために、避難所でできることとは?

ここでは 生活不活発病の予防法 についてご紹介します。 6月11日午前9時、激しい雨に見舞われた熊本県内にある約6万世帯に避難勧告が出されました。自宅に戻れず、何かと不便なことも多い避難所生活。続いて...

2015/06/11 16:31掲載

【介護実録】 シングル介護から結婚 諦めるのはまだ早い!

親を一人の子どもで介護する、いわゆる「シングル介護」になってしまうと、仕事にも支障を来たし、収入も減り、結婚もできない・・・という負のスパイラルに陥り、「シングル介護」から抜け出せないケースが多く見ら...

2015/06/03 13:14掲載