無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

Mocosuku(もこすく)
  • 無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

公開日時

 
見通しのよい交差点で車同士が出会い頭に衝突。
この種の「田園型事故」では、運転手の多くが「相手の車に気づかなかった」と述べているとのこと。
 
視界を遮るものがないのに、なぜ近づいてくる車に気づかないのでしょう。それは、視覚の特性にあると指摘する専門家もいます。「直進中に左右から別の車が同じような速度で近づいてくると、視野の隅の同じ位置にあり続けて、相手が止まっているような目の錯覚が起きる」というのです(※1)。
 
錯覚は、時折経験される、ちょっと面白くもビックリする現象です。なぜ錯覚は起こるのでしょうか?
 
 

目の錯覚、錯視

 
五感を使ってモノやできごとを認知する経験を「知覚」と呼びます。その際、知覚体験の内容と知覚対象の物理的特性がズレることを錯覚と言います。特に見ること(視覚)で起きる錯覚を「錯視」と呼びます。
 
以下、さまざまな「錯視」をご覧いただけます。
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/catalog.html
 
見えたものと(物理的)事実がずれる「錯視」は、「見落とし」「見間違い」といった個人的なミスではありません。また、精神障害者の「幻覚」のように、実在しないものが見える経験でもありません。
 
健常な多くの人に共通して同じ「錯視」が起きるのです。冒頭の「田園型事故」も、運転手の見落としや病気では済まされないのが重要なところです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【脳】新着記事

見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年の夏は猛暑と熱帯夜が続き、メディアには「危険な暑さ」という表現が頻繁に登場しました。 熱中症の危険性はよく知られるところですが、最近...

2018/09/04 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

日本人に多いという「もやもや病」 いったいどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ シンガーソングライターの徳永英明さんは、2001年に「もやもや病」を発症したといいます。 翌年症状が落ち着いて歌手活動に復帰しましたが、...

2018/03/27 18:30掲載

「武者震い」はなぜ起こる? 科学的に説明できるの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 交渉事や駆け引きなど、重要な判断が求められる局面に臨んだとき… 気持ちが高ぶってカラダが震えるような経験をしたことはありませんか...

2018/02/13 18:30掲載

1月20日は「血栓予防の日」 血栓とは?病気との関係を知ろう

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 20という数字の「つ・まる」の語呂合わせ、また、二十四節気のうち1年中で最も寒くなる「大寒(だいかん)」がこの頃にあたり(※2018年の...

2018/01/19 18:30掲載

「自分が自分である」感覚を喪失する…?「離人症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「自分が自分から離れてしまう感じがする」という症状が離人症です。 心が肉体から離れて、遠くから自分を観察している感覚や、自分が自...

2017/11/13 18:30掲載