じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

Mocosuku(もこすく)
  • じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

公開日時
更新日時

 
執筆:井上 愛子(保健師)
監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ)

 
 
愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。
一般的に「タバコは健康に良くない」と言われています。では、特に「目覚めの1本」が健康にどう影響するのでしょうか。
以下より具体的に紹介していきます。
 
 

タバコで血圧が急上昇!

 
喫煙は血圧を急上昇させます。これはタバコに含まれる「ニコチン」と深い関係があります。ニコチンは交感神経を刺激するほか、血管を収縮させることが分かっています。
 
私たちの血圧は深夜から早朝にかけて最も低くなり、起床に向けて徐々に上がり、昼間に最も高くなります。しかし、なかには早朝の血圧が昼間よりも高く、135/85mmHgを超える人がいます。これを「早朝高血圧」と言います。

 

「脳卒中」や「心筋梗塞」などは朝方から午前中に多く発生することが分かっており、早朝高血圧と密接な関係があります。
 
さらに、この早朝高血圧の人が目覚めの一服をしたらどうなるでしょうか?
タバコ1本で血圧は10~20mmHg上がります。もともと高い血圧がさらに急上昇し、危険なことになりますよね。

 

また、一日は気分良くスタートさせたいものです。脳卒中に至らなくても、脳の血管が収縮することでめまい等の不快症状につながることもあり、控えたいものです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【タバコ】新着記事

「しゃっくり」を一瞬で止める方法はある?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 医療監修:株式会社とらうべ なかなか止まらない「しゃっくり」に悩まされたことはありませんか? 自宅にいるときならばまだしも、会議や食事の席など、静か...

2017/03/11 21:30掲載

だからタバコは嫌われる…「喫煙の健康に対する影響」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 喫煙は健康にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 厚生労働省は直近では2016年8月に、喫煙の健康影響に関する検討会編として「喫煙と健康...

2017/03/03 21:30掲載

受動喫煙でもない「三次喫煙」 どういう害がある?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 2020年に開催される東京オリンピックに向け競技場整備に関するニュースが連日放送されている中、日本の喫煙対策も進められています。 タバコの健康への影響は、もはや喫煙...

2016/11/25 12:00掲載

あえて見つける「タバコを吸うメリット」

執筆:Mocosuku編集部 「タバコはカラダによくない」 それはわかっているけれど、やめられないんだよ…。そういう人が多いのかもしれません。 タバコは「百害あって一利なし」とも言われます。二次喫煙に...

2016/11/20 21:30掲載

タバコを吸っていると、うつ病にかかりやすい?

執筆:Mocosuku編集部 「ストレス解消のため煙草を吸う」という人は多いでしょう。 2015年2月に発表された英国心臓基金(British Heart Foundation)の報告書によれば、不安...

2016/09/25 12:00掲載

「タバコを吸う女子」は恋愛対象外!?

執筆:Mocosuku編集部 厚生労働省の資料を見ると、日本における20代女性の喫煙率は平成元年(1989年)の段階では8.9%でしたが、平成9年(1997年)には21.3%まで増加し、その後はゆるや...

2016/09/16 21:30掲載