65歳までの貯金、いくらあれば安心? 夫婦二人暮らしの場合

Mocosuku(もこすく)
  • 65歳までの貯金、いくらあれば安心? 夫婦二人暮らしの場合

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

65歳までの貯金、いくらあれば安心? 夫婦二人暮らしの場合

公開日時

 
執筆者:石村 衛(ファイナンシャルプランナー)
 
 
年金制度への不透明感からいわゆる「下流老人に陥ってしまうのではないか?」と懸念をされる方も多いと思います。
老後資金の準備として「定年までに数千万円から1億円は準備が必要」との記事やコメントがネットや雑誌に掲載されることがあります。
 
 

果たして一体いくら貯蓄があれば、安心できるでしょうか?

 
結論から記載すると「万人にあてはまる安心できる老後資金は存在しない」というのが筆者の回答です。
 

理由1:「生活レベルは、各家庭により大きく異なる」

 
現在の毎月の生活費が、20万円と30万円の家庭ではそもそも生活レベルが異なるため、同じ土俵で論じることはできません。
また、家庭によっては、退職時点で「子どもの教育費負担が当面続く」、あるいは退職後も「住宅ローンの返済が続く」といった要因も考えられます。
さらに、退職したからといって上記で挙げた要因が無くとも、
それまで享受してきた生活レベルを「望んで引き下げたい」と思う人はおらず、将来の生活レベルの予測はナンセンスです。
 

理由2:「老後資金を多額に貯められたとしても結局使えない」

 
公的年金だけでは、老後の生活費は賄えない可能性が高く、貯蓄を取り崩さざるをえません。
そのための老後貯蓄ですので論理的には矛盾はありませんが、感情的には、貯蓄残高が徐々に減少していくので新たな不安⇒恐怖が芽生えます。
明確な根拠が無くとも残高が一定金額を下回り始めると、貯蓄を取り崩すことに恐怖を覚えてしまい取り崩せなくなってしまいがちです。
 

理由3:「公的年金制度の破綻は誰も望んでいない」

 
「年金破綻!」というショッキングな話題をネットや雑誌、新聞、テレビ番組とあらゆるメディアが取り上げます。
それを見て・聞けば、「本当に大丈夫か?」と不安になるのは当たり前の感情だと思います。
これらの記事は、「何もしないで手をこまねいていると本当に破綻しかねない!」と警鐘を鳴らしているのです。
 
破綻させないためには、「年金額の引き下げ」「受給開始年齢の引き上げ」「年金保険料の引き上げ」などのうちどれか、
あるいは全部を「実施せざるを得ない」という痛みは避けられません。
唯一の解決策は、主権者たる国民が実現可能な政策を実行する政党・政治家に選挙で1票を投じることです。
従って、破綻を前提に老後資金を蓄えようとするのは非現実的ではないでしょうか?
 

理由4:「インフレの予測は不可能」

 
インフレが起こると現在価値のお金は、徐々に目減りします。
つまり、現時点で老後資金の目標額を定めても、インフレが継続的に起こればその目標額自体の妥当性がなくなってしまいます。
「デフレ脱却!」を合言葉に政府・日銀は物価上昇目標を安定的に2%の達成を目標に掲げています。
幸か不幸か?今のところは、その思惑通りに進んでいないようですが、意図的あるいは意図に反したインフレの可能性は皆無ではありません。
  
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ライフスタイル】新着記事

「孤独」が健康リスクに? 「孤独」が健康に及ぼす影響とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「無縁社会」という寂しい言葉がユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに選ばれたのは2010年のことでした。 絆が薄れ孤立する人が...

2018/04/29 18:30掲載

笑うより泣く方がストレス解消に? 「涙活」の効果とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、就活、終活、温活など「○活」が流行っています。 そんな中に「涙活(るいかつ)」もあります。 1か月に2~3分でも能動的に涙...

2018/03/22 18:30掲載

NNKよりPPK。「老衰」という逝き方を考える

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いま、日本では超高齢社会が到来しています。 メディアなどでも高齢者・老人についてのイベントや情報が増えていますね。 そんな超高齢社会が関...

2018/03/21 18:30掲載

自宅ではスリッパ派?裸足派? メリットとデメリットを徹底比較!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは自宅でスリッパを履きますか?それとも裸足ですか? 季節によって、もしくは部屋によって使い分けている方もいるでしょう。 その方針に...

2018/01/21 18:30掲載

仕事中、猛烈な睡魔に襲われて… 眠気を覚ます方法ある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自堕落をしているわけでもない、夜更かしもしないでしっかり寝たはず… それなのに、仕事中に襲ってくる睡魔。 そんな経験、誰しもお持ちではな...

2017/11/24 18:30掲載

そろそろ冬本番。やっぱり「冬は太りやすい」季節なの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的に、季節のなかでは太りやすいというイメージがある“冬”。 一方で、実は冬は夏よりも痩せやすい季節ともいわれています。 どうして、両...

2017/11/20 18:30掲載