あっ、耳鳴り! これって、どこかカラダが悪いの?

Mocosuku(もこすく)
  • あっ、耳鳴り! これって、どこかカラダが悪いの?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

あっ、耳鳴り! これって、どこかカラダが悪いの?

公開日時
更新日時

執筆者:南部 洋子(看護師)
監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)

突然「耳鳴りがする!」ということを経験したことがある方は、少なくないでしょう。
蝉がつねに鳴いていたり、キーッという嫌な音が響いていたりもします。何故このようなことが起きるのでしょうか。

耳鳴りとはなに? なぜ起こる?

実際には音がしていないのに、耳で何かが鳴っているように感じられることを「耳鳴り」といいます。鳴っている時間は、数秒から、絶えず鳴り続けているものまで、さまざまです。
聞こえる音も、「ジ―」と蝉が鳴いているようなもの、「ピー」や「キー」というような音が聞こえたりする場合もあります。風邪や中耳炎などをした後に鳴りだすこともあり、また、いつの間にか鳴っている場合もあります。

耳鳴りは主観的なものなので、その性質や強さを正確に測定することは難しいです。
ですが、耳鳴り検査の器械を用いて、いろいろな高さや強さの音を発生させ、これと聞き比べることで、ある程度数値として評価をすることができます。
病気に起因するもの以外では、原因不明の場合が多いのです。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

あなたの周りは大丈夫?「ゲーム依存は病気です」とWHOが認定

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ゲームが気になってスマホが手放せない、休みの日は際限なくゲームにのめりこんでしまう… そんな状態に陥っている人はいませんか? ア...

2019/01/04 18:30掲載

口や目の渇きには気をつけて! 女性に多い疾患「シェーグレン症候群」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつも喉が渇いて水分が手放せなかったり、目が乾燥してつらかったりすることはありませんか? もしかすると、その原因には「シェーグレ...

2018/12/21 18:30掲載

眼科の代表的な病気「白内障」と「緑内障」 白と緑でなにが違う?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ さまざまな眼の病気のなかでも、「白内障」と「緑内障」の患者数は、近年増加傾向と言われています。 名前が似ているため、同じような病気と誤解...

2018/12/07 18:30掲載

「肥満」は万病のもと。 年齢で変わる脂肪のつきかたに注意!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肥満」は見た目だけでなく、身体にさまざまな悪い影響を及ぼすということは、誰しも想像できると思います。 「肥満」はあらゆる病気の進行を手...

2018/11/16 18:30掲載

「頭を使い過ぎて知恵熱が出た」 知恵熱って本当にあるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慣れないことをしすぎた」「勉強や仕事で頭を使いすぎた」…などの状況で、比喩的に「知恵熱がでそう」という表現を用いることがあります。 し...

2018/11/09 18:30掲載

小さな虫が飛んでいるように見える… 「飛蚊症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 何かを見ているとき、黒い点や虫のようなもの、あるいは薄い雲のようなものが動くように感じることはありませんか。 「視野にごみや虫のようなも...

2018/11/02 18:30掲載