もし今日「がん」の告知をされたら… そうなる前に考えておくこと

Mocosuku(もこすく)
  • もし今日「がん」の告知をされたら… そうなる前に考えておくこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

もし今日「がん」の告知をされたら… そうなる前に考えておくこと

公開日時

 
執筆:大泉 稔(ファイナンシャルプランナー)
 
 
健康診断の結果で「要精密検査」などの文字を見れば、誰しも不安になることでしょう。
精密検査で「問題なし」となるケースもしばしばありますが、不幸にも「この症状はがんですね」と告げられたとしたら……。動揺しない人はいないでしょう。

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【がん(その他)】新着記事

「がんの三大治療法」 なにをどう選んだらよいのか

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ がんの治療法の大きな柱は、手術治療、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療の3つです。 がんの治療法を選択するためには、がんの状態...

2017/08/13 18:30掲載

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どんな病気で...

2017/06/18 18:30掲載

「がん」の再発や転移は食い止められないのか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:岡本 良平(医学博士、東京医科歯科大学名誉教授) かつては不治の病だった「がん」も、医療の大幅な進歩によって現在では治癒可能な病気になりつ...

2017/02/12 18:30掲載

がんを遺伝子から治す?「プレシジョン・メディシン」とは

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の約半数が、生涯のうちにかかる「がん」。 かつては不治の病とされていましたが、治療の選択肢が広がり、治癒を望めることも多くなってき...

2017/01/03 18:30掲載

11月15日は口腔がん検診の日。月に1度はセルフチェックを

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) 日本は「先進国の中で口腔(こうこう)がんの死亡数が唯一、増加している国」だということはご存じでしょうか? 口の中にできる口腔がんは、進行すると舌や顎、頬の大部分を切...

2016/11/15 12:00掲載

「お年寄りは進みが遅い」 がんの進行スピードは年齢で違う?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 日本人の死因・第一位である「がん」。 2015年にがんで亡くなった人は37万346人だそ...

2016/11/13 21:30掲載