「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

Mocosuku(もこすく)
  • 「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 

ハワイの生きる知恵「ホ・オポノポノ」を知っていますか?

 

普段の職場や学校からハワイで解放されたい! そんな希望をもって、いつも明るくふるまってはいても、内心はいつも不安でビクビク。ちょっとしたことにムカついてイライラ。だから、難しいことや新しいことにチャレンジできなかったり、家族や友人との関係にも問題が……。

 

「そんな自分をどうにかしたい!」と悩める人たちに人気なのが「ホ・オポノポノ」です。
 
読みづらい名前ですが、ハワイの伝統的な問題解決法で、世界的にも注目度が高まっています。あの吉本ばななさんをはじめ、芸能人やモデルにも実践している人がいるそうです。

 
まるで魔法のように、4つの言葉をただ唱えるだけでOKというそのメソッドと効果とは、どんなものなのでしょう。

 
 

「自分」をリスペクトする

 

「ホ・オポノポノ」とは、ハワイ語で「正しい方向に導く」こと。
仕事や恋愛、人間関係、お金など、何らかの問題を抱えている状態を改善へと導きます。

 

方法はいたってシンプル。
「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛しています」という4つの言葉を繰り返し唱えるだけでいいのです。
それならカンタン!
早速きょうからでも始められそうですが、なぜこの4つの言葉なのでしょう。
 
ホ・オポノポノでは、何か問題がある場合、それは「本当の自分を見て見ぬ振りをしている状態」にあるととらえます。
例えば、仕事を頑張り、疲れても休みも取らず、結果的に体調を崩したとします。この問題を引き起こした原因は、「休みたい」という「自分」の気持ちを無視したこと。

 
そこで、自分を無視して「ごめんなさい、ゆるしてください」。
体調が崩れたのは辛いけど、それによって気づかせてくれて「ありがとう」。
わたしは、本当の自分を「愛しています」。

 
と自分に言い聞かせるのです。つまり、本当の自分を最大限尊重することが、癒しをもたらす。
ホ・オポノポノ ではそのように考えます。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【人間関係】新着記事

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 喫茶店やカフェなどで、長時間、女性どうしで盛り上がっている姿をよく見かけますね。 一般的に「女性はおしゃべり」といわれていますが...

2016/12/24 12:00掲載

恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 自分でもダメだとわかってるけど変えられない、やめられない、抜けられない・・・。 恋でも仕事でも、そんな“つらい”経験のない人は、もしかしたらいないのかもしれ...

2016/09/10 18:30掲載

言いにくいコトを、相手を傷つけず指摘するには

執筆者:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 社会生活をしていると、他人といっしょにいる機会は多く、楽しかったり嬉しかったり、満足することも多い反面、嫌な思いをすることも少なくないでしょう。たとえば、...

2016/09/09 12:00掲載

「何かを変えなきゃ」 そのときは“ホ・オポノポノ”から始めましょう

執筆:Mocosuku編集部 ハワイの生きる知恵「ホ・オポノポノ」を知っていますか? 普段の職場や学校からハワイで解放されたい! そんな希望をもって、いつも明るくふるまってはいても、内心はいつも不安で...

2016/04/10 20:30掲載

人間関係にも「断捨離」が必要! 本当に?

執筆:杉山 崇(神奈川大学人間科学部/大学院人間科学研究科教授) いらないものを手放す「断捨離」。 やった人からの「気持ちが変わった!」「やってよかった!」という声を聴いて、「やってみようかなあ…」と...

2016/04/09 18:30掲載

カリスマ性じゃない。 今の「リーダー」に求められること

執筆:荒木香織(メンタルトレーニングコンサルタント) リーダーシップという、と一般的には何人ものメンバーを率いていく強いキャラクターが必要と思われがちです。実際に、ひと昔前までの研究では「カリスマ性=...

2016/04/07 19:30掲載