そうだ、「銭湯」へ行こう!

Mocosuku(もこすく)
  • そうだ、「銭湯」へ行こう!

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

そうだ、「銭湯」へ行こう!

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
銭湯の人気が、じわりと上がっているようです。

 
銭湯の一番の魅力は、家とは違う大きな湯船でリラックスできること。スーパー銭湯でなくても、ジェットバス、電気風呂、薬湯など複数のお風呂が楽しめて、店によってはサウナや露天風呂もあります。

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【健康と病気】新着記事

ガーデニングが健康法に! 「園芸療法」をご存じですか?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 人気の高い趣味のひとつであるガーデニング。 そんなガーデニング、健康にも良い効果をもたらすといわれていることをご存知でしょうか?...

2017/09/17 18:30掲載

今さら聞けない「メタボ」について。女性の場合はどういう基準?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 2008年4月より施行された「特定検診制度」いわゆる「メタボ検診」。 家族の方は会社の検診を毎年受けているけれど、ご自身は区や市の検診をしばらく受け...

2017/09/16 18:30掲載

夜や暗がりでのスマホ、視力が落ちるというのはホント?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「暗い場所で文字を読むと、目が悪くなる」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 最近ではスマホが普及していることもあり...

2017/09/15 18:30掲載

ニキビと吹き出物。 年齢で違うのは言い方だけ?症状は?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 肌にニキビや吹き出物ができると、気になってしまいますよね。 ところで、何気なく使っている「ニキビ」と「吹き出物」というコトバ。 どのよう...

2017/09/14 18:30掲載

羨ましい… 食べても太りにくい「痩せ体質」 デメリットは?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 世の中には、かなり食べているはずなのに、大して太らない人が存在します。 「食べても太らない、...

2017/09/13 18:30掲載

置かれる場所が増えてきた「AED」。 いつ、どう使う?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1664件。 これは、2014年に一般市民がAEDを使用した事例の数です(「平成27年版消防白書」より)。 2004年7月より医療従事者...

2017/09/11 18:30掲載