あなたは「卒婚」したいですか?

Mocosuku(もこすく)
  • あなたは「卒婚」したいですか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

あなたは「卒婚」したいですか?

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
「老後は夫婦でゆっくり旅行でもしながらのんびりと過ごそう」
そんなふうに考えている人も多いのではないでしょうか?
 
これまでは、長年連れ添った夫婦が、子どもの自立や定年退職を機に、夫婦水入らずの一緒の時間を過ごすというのが、理想的なあり方だとされていました。
 
ところが最近では、夫婦で別々にそれぞれの人生を楽しむ「卒婚」というスタイルが受け入れられてきています。
いったい「卒婚」とはなんなのでしょうか?
また、なぜそのようなスタイルを望む人が増えているのでしょうか?
 
 

籍は入れたまま…「卒婚」って?

 
「卒婚」とは作家、杉山由美子さんの著作「卒婚のススメ」から生まれ、一般的に浸透してきている新語です。
「卒婚」とはいったい何なのでしょうか?

 

結婚を卒業してお互いに自由に生きること

「卒婚」と聞くと離婚と似たようなイメージを思い浮かべる人も多いでしょう。
 
「卒婚」は籍を入れたままでお互いに独立した人生を歩む新しい結婚の形態のことを言います。
 
「結婚」というと「夫が仕事」「妻が家事」など、互いの役割が明確に決められることが多く、どちらか一方が我慢する結果になりがちでした。
「卒婚」は、これらの役割から離れ、それぞれが独立したうえで、自分のやりたいことに自由に取り組んでいく新しいライフスタイルの形式です。

 

同居しても別居しても仲良し

結婚の形式にとらわれない「卒婚」は、セカンドライフとして片方が田舎に隠居するケースもあります。
月の半分を実家や海外で過ごし、もう半分を一緒に過ごすなどお互いの生活を行き来することも。
 
同居していても別居していても夫婦が仲の良いことに変わりはなく、お互いに気を使うことや干渉し合うことをしないのが特徴です。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

【ライフスタイル】新着記事

“素敵ママ”にならないと? SNSやブログが与える影響と付き合い方

執筆:座波 朝香(助産師、保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 育児中の日常の様子をSNSに投稿することがルーチンの人、見るだけの人など、SNSとの付き合い方はさまざまでしょう。 そんな中、周...

2017/01/18 21:30掲載

草食、絶食、断食系も?「男性の女性化」が進んでいるから?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 一般に、生物学的な「性」はセクシャリティ、社会的・文化的な「性差」はジェンダーと呼ばれます。 そして最近は、自分を男性と感じるか...

2016/12/24 18:30掲載

「お風呂にします?ごはんにします?」 先が良いのはどっち?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 朝から夕方まで頑張って活動し、帰宅したあなた。 お腹もずいぶんすきました。 そんな時、あなたはまず夕飯をたべますか?それともさっぱりする...

2016/12/21 18:30掲載

結局のところ、「カフェイン」は身体に良いの?悪いの?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) カフェインといえばコーヒーに多く含まれる成分ということは、よく知られているのではないでしょうか。 街にはコーヒー専門店もたくさんあり、口にする機会も多いことでしょう。 ...

2016/12/05 18:30掲載

朝活も残業も、成功のカギは「朝型」か「夜型」か?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 出勤前や休日の早朝に、読書、スポーツ、趣味などさまざまな活動を行う「朝活」。 「就活」や「婚活」にならって4~5年前からブームとなり一部では定着していますね...

2016/12/04 12:00掲載

「熟年離婚」が止まらない? 熟年してからあえて別れる理由

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 長年、結婚生活をつづけ、子どもが自立したり夫が定年を迎えたことを契機に起こりやすい「熟年離婚」。 結婚生活の長さは、誰にも切れない強い絆を夫婦に結ばせること...

2016/12/03 18:30掲載