当たり前だけど大事なこと。 「女性用の避妊具」を紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 当たり前だけど大事なこと。 「女性用の避妊具」を紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

当たり前だけど大事なこと。 「女性用の避妊具」を紹介

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:太田 郁子(医学博士)
 
 
「避妊具」と聞くと、真っ先にコンドームを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
 
なかには避妊は男性がするものだと思い込んでいる女性もいるでしょう。避妊することは、男性だけでなく女性にもできます。
 
また、年齢やライフステージによっても適した避妊法は変わってくるでしょう。ここでは女性用の避妊具についてご紹介していきます。
 

 

知っているようで知らない「女性用避妊具」

 
避妊具のなかでも使用されることの多い「コンドーム」。コンドームは男性の性器にかぶせることで、精液をなかに溜めて膣内に流れるのを防ぐ役割をしています。

 

正しく使用すれば避妊率は高く、性感染症のリスクも防ぐため使っている人も多いでしょう。それでは女性が使用するものではどのような避妊方法、また避妊具があるのでしょうか?
 

ピル

女性が用いる避妊法として多いのがピルの使用です。ピルは「経口避妊薬」と言い、飲むことで妊娠を避けることができます。
 
ピルには生理痛や子宮内膜症などの疾患を軽減する効果があり、毎日飲み続ける必要のある「低用量ピル」と、避妊しなかった場合の緊急避妊法として2~3日服用する必要のある「アフターピル」の2種類があります。
 
低用量ピルには排卵を抑える役割があるため、避妊率が高いです。
 
また、生理不順や生理痛の治療として使われることもあり、避妊だけでなく自身の身体のために使う女性が多いのも特徴です。市販薬がないため婦人科で処方してもらう必要があり、1か月あたり3000~5000円が相場です。
 
 

子宮内避妊用具

毎日飲み続けるのが面倒な人や、長期に渡って避妊をしたい人は子宮内に装着する避妊用具を使用することもできます。これは「IUD」と呼ばれるものと、「IUS」と呼ばれるものがあります。
 
IUDは子宮内に装着することで避妊の効果を得ることができる用具です。子宮内部に挿入し、避妊したい間ずっと器具を入れておきます。最長で5年ほどもつことができるため、長期間妊娠を希望しない人には最適でしょう。
 
しかし副作用として過多月経になったり生理痛がひどくなったりする場合があります。だいたい3~5万円が相場です。
 
最近では、IUDに黄体ホルモンを放出する器具のついたIUSという新しい避妊用具が出ています。IUSは、IUDと同じように子宮内に装着して使います。長期にわたって避妊ができるのに加え、低用量ピルと同じように生理痛や過多月経を軽減することができます。
 
IUDの副作用に悩んでいる人はIUSを使うといいでしょう。とはいえ、出産経験のない女性や子宮や卵巣に問題がある人はIUDもIUSも適さない可能性があります。
 
避妊は男性だけがするものではありません。女性も避妊法や避妊具の種類、やり方を知り妊娠のリスクを防ぐようにしたいものですね。
 
 
太田郁子先生・倉敷平成病院婦人科医長
 
<監修者プロフィール>
太田 郁子(おおた・いくこ)
倉敷平成病院婦人科医長、医学博士、日本子宮内膜症啓発会議実行委員
 

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【恋愛】新着記事

病気の原因は失恋!? 「ブロークンハート症候群」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「失恋しちゃって、胸が苦しい…」 こうした言い回しは、一般的にはつらい気持ちを表すための比喩的表現として用いられます。 ところが、失恋な...

2017/12/01 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

好きな人を見てドキドキする時、脳はこうなっている

執筆:Mocosuku編集部 世の中にはたくさんの「恋愛論」や「恋愛哲学」が出回っています。 しかし「恋愛に夢中になっている(いた)時」というのは、言葉でカンタンに説明できない感情などもありますよね。...

2016/11/07 21:30掲載

「恋愛体質」 心理学的にはどう分析する?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 「ワタシ恋愛体質だから、また好きな人ができちゃった!」 あなたの周りにこんな人いませんか? 何気なく使われている「恋愛体質」というこのコトバ。どういう人のこ...

2016/10/25 12:30掲載

あのひとの「好きなモノ」が好きになるワケ

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 「好きな人ができると、生活も趣味もその人一色に染まってしまう」 このような経験ありませんか? 周りの友人にそのような経験がない人ばかりだと「私だけ!?」と不...

2016/10/21 21:30掲載