他人には相談しづらい、ワキガの対処法

Mocosuku(もこすく)
  • 他人には相談しづらい、ワキガの対処法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

他人には相談しづらい、ワキガの対処法

公開日時
更新日時

 
執筆:南部洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師)
監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 

ワキガは別名「腋臭症」(えきしゅうしょう)と言い、腋の下のにおいが強く周囲に不快感を与える症状を指します。
 
ヒトは誰でも、思春期を迎えると腋の下の「アポクリン腺」呼ばれる汗腺が発達し、独特のにおいを発するようになります。
このにおいのタイプや強さには個人差があり、一種の個性とも言えますが、他人に不快感を与える場合は疾患として扱われることがあるのです。
 
欧米ではワキガの人が多い国・地域もあり、80%と多数を占めるような文化では特に問題にされません。
 
しかし、日本人でワキガに該当するのは10〜20%と言われており、結果的に目立ってしまうのです。
 
 

ワキガの原因とは

 
ワキガのにおいは、単なる「汗臭さ」とは違います。
運動後や気温が高い時など、体温が上がった時に出る汗は、全身に広がる汗腺「エクリン腺」から分泌されます。
 
この汗は99%が水分で、残りは塩分などのミネラルや乳酸などです。一方、「アポクリン腺」は、腋の下、乳首の周囲、外陰部など存在し、ここから分泌される汗は、乳白色で、脂質やタンパク成分を多く含みます。
 
ただし、この汗そのものは無臭なのですが、腋の下の皮膚や毛にいる細菌に分解されることによって、においが生じるのです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 4 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【におい】新着記事

“イイにおい”が原因で体調不良? 「香料アレルギー」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の消臭意識は、世界的にもずば抜けて高いといいます。 「過敏すぎる」と指摘される向きもあります。 そして、芳香剤や柔軟剤、お菓子など...

2018/03/02 18:30掲載

においの正体は「臭い汗」? クサイ汗と、そうでない汗があるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 残暑とはいえ、まだまだ汗をかく季節。 ところで、ご存知ですか? 爽快な「いい汗」をかく人と、不快な「臭い汗」に困っている人がいるようです...

2017/09/04 18:30掲載

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

2017/06/09 18:30掲載

やっぱり気になる「加齢臭」 自分で気づける?どんなニオイ?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 中高年に特有な体臭の「加齢臭」。 “オヤジ臭”とも悪口をいわれますが、女性にもあります。 現在、脂肪酸が常在菌や過酸化脂質によっ...

2017/04/03 21:30掲載

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

2017/03/26 18:30掲載

「加齢臭」はどうして出るの? 歳をとるなら仕方ない?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭は中高年に特有な体臭のことです。 俗に“オヤジ臭”ともいわれるので男性に特有な臭いと思っている人が多いかもしれませんが、男女差に関...

2017/02/23 18:30掲載