「タバコを吸う女子」は恋愛対象外!?

Mocosuku(もこすく)
  • 「タバコを吸う女子」は恋愛対象外!?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「タバコを吸う女子」は恋愛対象外!?

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
厚生労働省の資料を見ると、日本における20代女性の喫煙率は平成元年(1989年)の段階では8.9%でしたが、平成9年(1997年)には21.3%まで増加し、その後はゆるやかに増減しながら、ここ数年は12~13%程度に落ち着いています。
 
一方、同じ世代の男性のデータを見てみると、平成元年では62.3%と6割以上の男性が喫煙をしていましたが、平成25年の時点では20代の男性の喫煙率は36.3%となっており、25年前と比べて喫煙者の割合が3分の2以下に減っていることがわかります。
 
そんななか、マッチアラーム株式会社が、20~30代の独身男女を対象に「タバコを吸う異性は恋愛対象になりますか?」という調査を実施しました。詳しくみてみましょう。
 

 

タバコを吸う女性はなぜNGなの?

 
本調査によると、「タバコを吸う異性は恋愛対象になりますか?」という上記の質問に対して、なんと半数以上(52.7%)の男性が「いいえ」と回答したそうです。その理由はさまざま。以下のようなものが挙りました。

 

<男性>
・「タバコが嫌いなので」(男性/30代後半/兵庫県)
・「臭いから」(男性/30代半ば/愛知県)
・「自分がタバコを吸わないので、できれば遠慮したい」(男性/20代後半/福岡県)
・「喫煙者はだらしがないと思う」(男性/30代前半/東京都)
・「自分がタバコ辞めたので、匂いとか気になってしまう。」(男性/20代半ば/東京都)
・「印象が良くない」(男性/20代後半/大阪府)
・「キスは無理ですね」(男性/30代前半/鹿児島県)
・「タバコは身体にも悪いし、吸ってない人までも不健康にしてほしくない」(男性/20代前半/神奈川県)

 

なかには「妊娠する人がタバコはよくない」という意見もありました。
 
これについては、女性の喫煙を「特に気にしない」と答えた人も「妊娠時はやめてほしい」とコメントしていることから、男性の間にも「喫煙が妊娠に与える影響」を心配する考えが浸透していることがわかります。

 

タバコのパッケージなどで厚労省が注意喚起していることからもわかるように、確かに女性の喫煙については「妊娠する能力」を低下させる可能性があるといわれており、特に妊娠中の喫煙は、胎児の成長が制限されたり、子宮外妊娠や自然流産をしたりするリスクが高くなることが指摘されています。

 

受動喫煙による乳幼児への健康被害が懸念されていることを考えると、「妊活」時は夫婦で一緒に禁煙をすることが、生まれてくる赤ちゃんのためにも必要なのかもしれません。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【タバコ】新着記事

喫煙女性は老け顔に? 「スモーカーズフェイス」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康へのさまざまな悪影響が取り沙汰されているタバコ。 実はお肌のトラブルにつながるという、女性はとくに気になるドッキリな指摘もあ...

2018/12/04 18:30掲載

“がん家系” “若いと進行が速い” 「がん」の通説、本当はどうなの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の死亡原因は男女ともに「がん」が第一位です。 「がん」にまつわる話題はニュースや雑誌などで日々取り上げられ事欠きません。 ...

2018/11/06 18:30掲載

タバコはやめたのに肺に疾患!? タバコと肺の関係

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ タバコをやめれば、肺の病気になるリスクが下がることが分かっています。 それでは、禁煙すると肺はもとに戻るのでしょうか? タバコが肺に与え...

2017/10/15 18:30掲載

「しゃっくり」を一瞬で止める方法はある?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 医療監修:株式会社とらうべ なかなか止まらない「しゃっくり」に悩まされたことはありませんか? 自宅にいるときならばまだしも、会議や食事の席など、静か...

2017/03/11 21:30掲載

だからタバコは嫌われる…「喫煙の健康に対する影響」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 喫煙は健康にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 厚生労働省は直近では2016年8月に、喫煙の健康影響に関する検討会編として「喫煙と健康...

2017/03/03 21:30掲載

受動喫煙でもない「三次喫煙」 どういう害がある?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 2020年に開催される東京オリンピックに向け競技場整備に関するニュースが連日放送されている中、日本の喫煙対策も進められています。 タバコの健康への影響は、もはや喫煙...

2016/11/25 12:00掲載