ワキ汗をおさえる方法はありますか?

Mocosuku(もこすく)
  • ワキ汗をおさえる方法はありますか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ワキ汗をおさえる方法はありますか?

公開日時

 
執筆:井上愛子(保健師、看護師)
 
 

夏が終わり涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑く汗をかくことも多いですね。「ワキに汗をかいていないか」と心配してしまうことはありませんか?
 
何かと気になってしまうワキ汗。このワキ汗を抑える方法はないのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

 

どんな時に汗はでるの?

 

普段の生活で汗をかくのはどんな時でしょうか。運動をした時や暑い時、熱いものや辛いものを食べた時、過度に緊張した時などがそうでしょう。
 
ヒトの皮膚には汗腺があります。私たちはそこから汗を分泌し、汗が蒸発するときに熱を奪い(これを「気化熱」といいます)、体温を調節しています。この体温を一定に保つための発汗を「温熱性発汗」といいます。
 
またほかにも、緊張や不安による「精神性発汗」、辛い物や刺激物を食べることで生じる「味覚性発汗」があります。
 
発汗の量は温熱性発汗が最も多く、汗をかく場所も発汗の種類によって異なります。脇は、温熱性発汗と精神性発汗の両方による発汗がみられる場所で、さらに汗腺も多くあることから、汗を多くかく場所なのです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

一瞬の寝落ち『フラッシュスリープ』 活用次第ではメリットも?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 『フラッシュスリープ』は、『瞬眠(しゅんみん)』『マイクロスリープ』とも呼ばれます。 猛烈な眠気のあと、時間にしてほんのわずか数秒から数...

2018/12/11 18:30掲載

青魚に含まれる「EPA」 効果的な摂取で血管と血液を健康に!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「EPA」(エイコサペンタエン酸)は、食品に含まれる健康のために必要な栄養素として知られるよ...

2018/12/09 18:30掲載

眼科の代表的な病気「白内障」と「緑内障」 白と緑でなにが違う?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ さまざまな眼の病気のなかでも、「白内障」と「緑内障」の患者数は、近年増加傾向と言われています。 名前が似ているため、同じような病気と誤解...

2018/12/07 18:30掲載

喫煙女性は老け顔に? 「スモーカーズフェイス」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康へのさまざまな悪影響が取り沙汰されているタバコ。 実はお肌のトラブルにつながるという、女性はとくに気になるドッキリな指摘もあ...

2018/12/04 18:30掲載

浦島太郎もこの病気だった!? 東洋人に多い「原田病」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 心優しい若者が亀を助けたお礼に竜宮城へ行き、お土産にもらった玉手箱を開けると白髪の老人になってしまうという日本の昔話。 ご存知、『浦島太...

2018/11/27 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載