これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

Mocosuku(もこすく)
  • これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・・・。
 
このような現象のことを一般的に「マリッジブルー」と呼んでいます。
 
それではなぜ、マリッジブルーになるのでしょうか?
 
対処法もあわせて、詳しくご説明していきましょう。
 

 

結婚はストレスが大きいライフイベント

 
人生にとって一大イベントである結婚。一見すると幸せの絶頂のようにも見えますが、実は、結婚はかなりストレスがかかるライフイベントのひとつです。
 
1967年、アメリカの研究者であるホームズと医師であるレイは、人生のライフイベントを点数化した「社会再適応評価尺度(Social Readjustment Rating Scale;SRRS)」を作りました。
 
そして2008年、大阪樟蔭女子大学大学院の夏目誠教授は、SRRSをもとに、日本版の「勤労者のストレス点数」を作成しました。
 
これによると、結婚はさまざまなライフイベントの中で、「引っ越し」や「軽度の法律違反」よりもストレス点数が高いとされています。

 
自分では「婚約して幸せいっぱい」と思っていても、気がつかないうちに結婚によるストレスはたまっていきます。
 
そして、マリッジブルーといわれる状態になることがあるのです。

 
 

マリッジブルーになる理由

 
結婚は「大きなストレスがかかるライフイベント」だと考えれば、その直前に気持ちが落ち込んだり、イライラするというのは当然の反応といえます。
 
具体的には、次のような出来事によってストレスを感じることが多いようです。
 

独身から既婚者へ変化することへの不安

結婚は、人生の中では大きな変化のひとつです。進学や就職など、新たな生活が始まるときに不安を感じるように、結婚前にも不安を感じることは何ら不思議なことではありません。
 
 

新たな人間関係の構築

結婚が決まると、一般的にまず行われるのはお互いの両親・親族へのあいさつでしょう。
 
義理の親子関係・親戚関係というのは、世間のさまざまな人間関係の中でも特殊な関係のひとつともいえるため、関係を構築するまでには、精神的に大きな負担となります。
 
 

結婚式の準備

最近は結婚式を行わなかったり、少人数で小さく行うことも増えてきましたが、それでも結婚式は多くの人が憧れるイベントのひとつであることに変わりません。
 
ただ、そのために膨大なエネルギーやお金がかかるのも事実です。婚約者との意見が対立したり、相手が思ったように動いてくれなかったりすると、「この人と結婚して良いのだろうか」と不安になったり、相手への不満がたまり、マリッジブルーになることもあるでしょう。
 
ましてや結婚式に大きな理想を持っている人は、相手と対立しやすい状況になるかもしれません。
 
 
このように、結婚にはさまざまな変化や出来事がともないます。
 
ですから、これらを前にして気持ちが不安定になることは、ある意味、致し方ないことといえるでしょう。
 
また、「マリッジブルーは女性がなるもの」と思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。かつてに比べて女性が働くことが一般的になってきたこともあり、結婚式の細かい準備や調整などをどちらか一方に任せておけば済む、ということも減ってきました。
 
そのため、マリッジブルーになる可能性は、男性も大いにあるのです。
 
ではマリッジブルーになってしまったら、どうすればよいのでしょうか?
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【結婚】新着記事

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載

帰省して、親から「結婚の話題」 をされた?

執筆:Mocosuku編集部 年々晩婚化が進んでいく日本。もはや「未婚化」の現象も起きつつあるという現代において、「年頃の娘・息子をもつ親」としては、どういう気持ちなのでしょうか。 今年の夏も、お盆や...

2016/08/22 21:30掲載

「○年越しの結婚式」が夫婦円満のヒケツ!?

執筆:Mocosuku編集部 結婚式を行わずに入籍するカップルは少なくありません。結婚式に興味がなかったり、タイミングや経済的理由で行えなかったりと、理由はさまざまです。 夫婦生活を続けるうちに、「や...

2016/08/16 21:30掲載