これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

Mocosuku(もこすく)
  • これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・・・。
 
このような現象のことを一般的に「マリッジブルー」と呼んでいます。
 
それではなぜ、マリッジブルーになるのでしょうか?
 
対処法もあわせて、詳しくご説明していきましょう。
 

 

結婚はストレスが大きいライフイベント

 
人生にとって一大イベントである結婚。一見すると幸せの絶頂のようにも見えますが、実は、結婚はかなりストレスがかかるライフイベントのひとつです。
 
1967年、アメリカの研究者であるホームズと医師であるレイは、人生のライフイベントを点数化した「社会再適応評価尺度(Social Readjustment Rating Scale;SRRS)」を作りました。
 
そして2008年、大阪樟蔭女子大学大学院の夏目誠教授は、SRRSをもとに、日本版の「勤労者のストレス点数」を作成しました。
 
これによると、結婚はさまざまなライフイベントの中で、「引っ越し」や「軽度の法律違反」よりもストレス点数が高いとされています。

 
自分では「婚約して幸せいっぱい」と思っていても、気がつかないうちに結婚によるストレスはたまっていきます。
 
そして、マリッジブルーといわれる状態になることがあるのです。

 
 

マリッジブルーになる理由

 
結婚は「大きなストレスがかかるライフイベント」だと考えれば、その直前に気持ちが落ち込んだり、イライラするというのは当然の反応といえます。
 
具体的には、次のような出来事によってストレスを感じることが多いようです。
 

独身から既婚者へ変化することへの不安

結婚は、人生の中では大きな変化のひとつです。進学や就職など、新たな生活が始まるときに不安を感じるように、結婚前にも不安を感じることは何ら不思議なことではありません。
 
 

新たな人間関係の構築

結婚が決まると、一般的にまず行われるのはお互いの両親・親族へのあいさつでしょう。
 
義理の親子関係・親戚関係というのは、世間のさまざまな人間関係の中でも特殊な関係のひとつともいえるため、関係を構築するまでには、精神的に大きな負担となります。
 
 

結婚式の準備

最近は結婚式を行わなかったり、少人数で小さく行うことも増えてきましたが、それでも結婚式は多くの人が憧れるイベントのひとつであることに変わりません。
 
ただ、そのために膨大なエネルギーやお金がかかるのも事実です。婚約者との意見が対立したり、相手が思ったように動いてくれなかったりすると、「この人と結婚して良いのだろうか」と不安になったり、相手への不満がたまり、マリッジブルーになることもあるでしょう。
 
ましてや結婚式に大きな理想を持っている人は、相手と対立しやすい状況になるかもしれません。
 
 
このように、結婚にはさまざまな変化や出来事がともないます。
 
ですから、これらを前にして気持ちが不安定になることは、ある意味、致し方ないことといえるでしょう。
 
また、「マリッジブルーは女性がなるもの」と思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。かつてに比べて女性が働くことが一般的になってきたこともあり、結婚式の細かい準備や調整などをどちらか一方に任せておけば済む、ということも減ってきました。
 
そのため、マリッジブルーになる可能性は、男性も大いにあるのです。
 
ではマリッジブルーになってしまったら、どうすればよいのでしょうか?
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【結婚】新着記事

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載

帰省して、親から「結婚の話題」 をされた?

執筆:Mocosuku編集部 年々晩婚化が進んでいく日本。もはや「未婚化」の現象も起きつつあるという現代において、「年頃の娘・息子をもつ親」としては、どういう気持ちなのでしょうか。 今年の夏も、お盆や...

2016/08/22 21:30掲載

「○年越しの結婚式」が夫婦円満のヒケツ!?

執筆:Mocosuku編集部 結婚式を行わずに入籍するカップルは少なくありません。結婚式に興味がなかったり、タイミングや経済的理由で行えなかったりと、理由はさまざまです。 夫婦生活を続けるうちに、「や...

2016/08/16 21:30掲載