歯がしみるようになってきた…知覚過敏の対処法は?

Mocosuku(もこすく)
  • 歯がしみるようになってきた…知覚過敏の対処法は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

歯がしみるようになってきた…知覚過敏の対処法は?

公開日時

 

執筆:南部 洋子(看護師)
監修:石川 毅(歯科医、アイデンタルオフィス恵比寿 院長)
 
 

若い頃にはあまり感じない歯の悩みのひとつに「知覚過敏」があります。
 
虫歯ではないのに、冷たいものや熱いもの、酸っぱいものを食べたら歯にしみる、歯ブラシの毛先が当たると飛び上がる、という症状です。
 
どうしてそのようなことが起きるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

 

知覚過敏とは

 
知覚過敏は、正式には「象牙質知覚過敏」(ぞうげしつちかくかびん)といいます。
 
私たちの歯の表面はエナメル質という硬い材質に覆われていて、内部には「象牙質」という材質があり、そこに神経が通っています。

 

一方、歯の根元(歯根)の表面は、エナメル質ではなくセメント質という素材で覆われています。またセメント質はエナメル質よりも軟らかいため、中の象牙質が露出しやすいのです。

 
加齢や歯周病などで歯茎がやせると歯根がむき出しになるため、その部分のセメント質が削れてしまいます。

 

象牙質が露出すると刺激が直接伝わり、それが神経まで届いてしみます。これが知覚過敏のメカニズムです。象牙質には、無数の小さな穴(象牙細管)があいていて、これが刺激の伝達に関わっています。
 
 

知覚過敏の原因

 
知覚過敏の原因は多々ありますが、歯根の表面が露出したからといって、必ずしも知覚過敏が起こるわけではありません。象牙質が露出していても、象牙細管が自然にふさがっていて刺激を伝えなければしみないのです。

 

ところが、露出した歯根がプラーク(歯垢)で汚れている、露出した歯根を歯ブラシで強く磨く、あるいは歯ぎしりや食いしばりで過剰な力がかかり歯根の表面が割れる、剥がれるといった状態にあると、刺激が伝わりやすくなってしまいます。

 

実は、知覚過敏は歯ぎしり・食いしばりによって生じるケースが多く見られます。
 
しかし歯ぎしり・食いしばりは本人に自覚がないことが多いため、「そんなに強い力で歯みがきはしていないのに、なぜか知覚過敏になった」と感じる人が多いようです。
 
 

知覚過敏の治療

 
軽症から重症まで、数段階の治療法があります。
 
軽症なら自分で治療を始められます。それは、正しい歯みがきをすることですが、間違ったみがき方や歯磨剤(歯みがき粉)を選ぶと危険があるので、歯科医院でアドバイスを受けてから始めてください。知覚過敏の症状を抑える市販の歯みがき粉を使用してもいいでしょう。

 

みがき残しがあると、歯肉の炎症が起こり歯肉が緩んでできます。そうなると、歯と歯肉の間の溝に冷たい水などが入りやすくなり、根元に刺激が伝わって知覚過敏が起こりやすくなります。
 
しっかり歯みがきができていると、歯肉が引き締まり、刺激が伝わりにくくなるのです。軽度の知覚過敏なら歯みがきだけでも十分防げます。

 

歯ぎしり・食いしばりのクセがある人は、それが知覚過敏と関連しているかどうか、歯科医院で診てもらいましょう。必要に応じて、歯ぎしり防止のナイトガード(マウスピース)や食いしばり防止トレーニングを行います。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【虫歯】新着記事

虫歯をずっと放っておいたらどうなるの?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「虫歯がある」とわかっていても、歯医者に行くのを億劫に感じる方や、仕事が忙しくてなかなか歯医者に通えないという方もいらっしゃるでしょう。 そのうち虫歯の存在も痛みも気にな...

2017/10/09 18:30掲載

砂糖を摂らなければ、虫歯にはならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 子供の頃、「甘いものを食べ過ぎると虫歯になるよ!」と注意された経験は誰しもあるでしょう。 甘いものと言えば砂糖、この砂糖こそが虫歯の原因であることも今では周知の事実です。...

2017/09/03 18:30掲載

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

2017/04/14 18:30掲載

どう選ぶ? 電動歯ブラシ・種類と効果の違い

執筆:影向 美樹(歯科医師) 電動歯ブラシが日本に普及しはじめてから20年以上が経過し、種類や機能も以前とは比べ物にならないぐらい充実しています。 今では100円ショップで手に入るものから、2万円以上...

2017/04/05 21:30掲載

見た目の悪さだけじゃない!「歯並びの悪さ」について

執筆:影向 美樹(歯科医師) 歯並びに関する悩みと言えば「見た目の悪さ」が多いです。 しかし歯並びは見た目以外にも、体に様々な影響を与えます。例えば「原因不明の頭痛や肩こりが歯科治療のあと改善した」と...

2017/03/28 21:30掲載

歯ブラシはやっぱり電動がイイ? 歯医者さんが薦めるのは

執筆:影向 美樹(歯科医師) 近年では家電量販店などで様々な種類の電動歯ブラシが販売されています。 実際に購入された方の中には、その仕上がりの良さに「もう手放せない!」と長く愛用される方がいる一方、し...

2017/03/25 18:30掲載