虫歯

Mocosuku(もこすく)
  • 虫歯

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っておきたい虫歯について

虫歯の基礎知識 を確認しておきましょう。これだけ医学が進歩しても、虫歯が人間の大敵である事実は変わりません。たいていの人は大なり小なり虫歯を経験したことがあるでしょう。では、そもそもどうして虫歯ができてしまうのでしょうか? いまさらすぎる質問かもしれませんが、きちんと理解している人は意外と少ないかもしれません。この記事では、虫歯を適切に予防・対処するために、そのメカニズム再認識しましょう。

基本的な歯の構造を知る

虫歯のメカニズムを知るには、まず歯の作りについて知る必要があります。私たちの歯は4つの材質で構成されています。いちばん表面の、普段目にする白くて硬い部分は「エナメル質」といい、歯肉(歯ぐき)から上の歯の頭の部分を覆っています。また、歯肉内部の歯の表面は「セメント質」と呼ばれ、顎の骨と接着しています。エナメル質やセメント質の内側の層は「象牙質」。さらにその内側は「歯髄」と呼ばれ、血管や神経が絡み合っています。
imasia_5954293_S


歯垢が歯石になり、そして虫歯へ

「虫歯」とは、口の中の細菌が作った酸によって歯が欠けたり穴が開いたりする病気です。上記のように多重構造になっている歯が酸で溶かされ、さらに奥へと細菌が入り込み、ついには歯の中心にある歯髄にまで達してしまいます。この歯を溶かす酸を放出するのが「ミュータンス連鎖球菌」という細菌で、一般に虫歯菌と呼ばれているものです。虫歯菌は誰の口内にも常に存在しているたくさんの細菌の1つで、私たちが食事をするたびに栄養を取り込んで酸を放出します。虫歯菌と食べ物の細かいカス、唾液が結合すると「歯垢」(プラーク)となって歯の表面に付着します。

歯垢の中で虫歯菌が酸を大量に放出すると口の中が酸性に傾き、これによってエナメル質が溶け出します。これが虫歯の始まりです。この段階であれば、唾液の作用や歯みがきによって口の中はアルカリ性に戻り、溶けかかったエナメル質も再石灰化によって修復されます。しかし、歯垢が取り除かれないまま放置されると、次第に「歯石」へと変化します。歯石は歯みがきではとれないため、その周囲が次第に溶けて虫歯が進行するのです。

虫歯の基礎知識 :虫歯の程度と治療法

歯科検診で耳にする「C1」「C2」……というのは、虫歯の進行度を表す数値です。C1以上は歯科治療を必要します。虫歯が厄介なのは、エナメルのみ質が溶けているC1の段階では無痛な点です。痛みが生じるのは、象牙質に達して(C2)から。象牙質はエナメル質に比べて軟らかいため、C2以降は進行が速くなります。虫歯は、下記の5段階に分類されます。

C0

エナメル質の透明感がなくなり、チョークのようになっている状態。まだ穴は開いて折らず、無症状。この段階では、歯みがきなどのセルフケアで歯の健康を取り戻せる

C1

エナメル質が溶けて、浅い穴ができた状態。この段階ではまだ無痛だが、歯科治療をしないと治らない。虫歯の部分を取り除き、その部分に樹脂や金属を詰めて治療する

C2

虫歯が象牙質にまで進行した状態。痛みを感じたり、冷たいものや甘いものがしみたりする場合がある。治療では、虫歯の部分を取り除いた後、金属や樹脂の詰め物をする

C3

虫歯が歯髄にまで達した状態。歯髄への感染の程度によって激しく痛む場合もあれば、あまり痛みを感じない場合もある。また、熱いものがしみるようになる。この段階になると歯の神経を抜かなければならない場合もある。治療は歯の神経を抜く(または保護する)処置のあと、金属や樹脂の被せ物ををする

C4

歯のほとんどがなくなっただけでなく、歯の根(歯ぐきに埋まっている部分)までが虫歯に侵された状態。こうなってしまうと治療できないため、抜歯するしかない

定期的に歯科医で診てもらうのが理想

前述したように、C1までの虫歯は自覚症状がありません。特に痛みを感じなくても、検診の意味も含めてできれば半年に1度、最低でも1年に1度は歯医者に通うようにしましょう。

【虫歯】

歯医者さんに教えてもらった「歯ブラシを選ぶポイント」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 近年、市場には様々な歯ブラシが販売されています。 実際に歯ブラシ売り場で「どれを選んだらいいの?」と悩む方も多いでしょう。 歯ブラシは大きさや形によって、その機能も異なり...

2017/03/17 18:30掲載

入れ歯では「なにを食べても美味しくない」のは本当?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「入れ歯にしたら、なにを食べても美味しく感じなくなってしまった」 このように聞いたことはありませんか? 実際、入れ歯を入れたとたんに味わいや食感を感じにくくなり、何を食べ...

2017/03/12 21:30掲載

「歯のトラブル」は突然に! 何をどう対処する?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケアシニアトレーナー) 監修:石川 毅(歯科医師、アイデンタルオフィス恵比寿院長) 誰に起きてもおかしくない「歯のトラブル」。 それが急に起きたとすればなおさら...

2017/02/05 18:30掲載

今や必須?歯医者さんもすすめる「歯間ブラシ」

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 普段、お口のケアには何を使っていますか? 歯ブラシを使用しているのは成人の約9割、歯間ブラシやデンタルフロスを使っている人は3割程度と言...

2017/01/15 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

関連サイト

親知らず抜歯痛み

親知らずを抜歯した後は痛みが出やすいのですが、どのように対処したらよいでしょうか?当サイトでは親知らず抜歯後の痛みの対処法について説明します。

親知らず抜歯費用

親知らずは、ケアしにくく虫歯になりやすく、口臭の原因にもなるため抜歯する事が多いのですが、費用はどれ位かかるのでしょうか?当サイトでは、親知らず抜歯の費用について説明します。

親知らず痛い

親知らずが急に痛くなったことはありませんか?歯茎も腫れているし、口が開きづらいし…。当サイトでは親知らずが痛い時の対処法について説明します。

親知らず腫れ

親知らずの周りにある歯茎が腫れてしまうことがあります。また親知らず抜歯後に腫れることもあります。当サイトでは親知らずと腫れをテーマに説明します。

親知らず虫歯

親知らずが虫歯になったらどうすればいいのでしょうか?残しておくか、抜歯するのか?当サイトでは、親知らずが虫歯になったときの対処法について説明します。