我慢してない?「おなら」はためると身体に負担が!

Mocosuku(もこすく)
  • 我慢してない?「おなら」はためると身体に負担が!

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

我慢してない?「おなら」はためると身体に負担が!

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

日常的におならを我慢はしていませんか?
 
確かにおならをすることは、ちょっと、いや、かなり恥ずかしいことかもしれませんね。音も臭いも気になります。
 
しかし、我慢してしまうことは身体にかなりのストレスを与えています。

 
一体どのような影響があるというのか、詳しくご説明していきましょう。
 

 

意外に知らない?おならの成分と音の正体

 
まずはおならは何でできているか、ということからお話しましょう。
 
おならの大半は、鼻や口からとり込んだ空気で、窒素・炭酸ガス・水素・メタン・酸素で構成されます。これらには、においはありません。
 

悩みのにおいが含まれるのは、食べカスが分解されて発生するガスの成分に硫化水素が含まれている場合です。大腸で分解される食べ物カスには、イモや豆類などの植物に由来するものと、お肉や卵などの動物性たんぱく質に由来するものがあります。
 
このうち、においのもととなってしまうのは、動物性たんぱく質に由来するものです。
 
「悪玉菌」と呼ばれている腸内細菌が、これらを栄養源として発酵・増殖してにおいが発生します。繊維が多いイモ類などは、ガスを増やしますが、においはありません。
 
そして、においとともに気になるのが音ですね。おならの音は、肛門括約筋(こうもんかつやくきん)が溜まったガスをせき止められなくなって、瞬間的に吹き出したときに出る音です。
 
 

がまんしたおなら、その影響とは

 
時と場合によってはがまんも致し方ないことが起こりますよね?あの時がまんしたおなら、どうなっているでしょうか。
 
出られなかったガスは腸内にとどまり、その圧力が腹痛を引き起こすと考えられます。また、たまったガスは腸の消化吸収のはたらきや便の排泄運動を妨げてしまいます。

 
そうなると便秘につながり、有毒物質のガスが腸内環境を悪くするという悪循環をもたらします。腸内環境の悪化は、発がん作用のある物質を作りだす引き金となり、大腸がんの発生確率を上げることにもつながってしまいます。
 
さらに、おならの量やにおいに関係なく、人前でおならが出てしまうのではないか?という恐怖とストレスで、余計にガスをためる原因をつくってしまうこともあげられます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

自律神経に良い『トリプトファン』を効果的に摂取してハッピー♪になろう

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「トリプトファン」はアミノ酸の一種です。 トリプトファンが不足すると精神的に不安定な状態や不眠などを招き、やがて自律神経や体内リズムの乱れに...

2019/07/16 18:30掲載

フルーツはいつ食べる? 『朝は金、昼は銀、夜は銅』ってどういうこと?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ フルーツは健康や美容によい栄養素を摂取できる食品として、私たちの食生活に浸透しています。 と...

2019/07/12 18:30掲載

お口の中の細菌は万病のもと 『口腔内フローラ』の重要性を説く!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸内細菌が形成する「腸内フローラ」はすでによく知られるようになりましたが、お口の中の「口腔内フローラ」についてはいかがでしょうか? 「齢...

2019/07/02 18:30掲載

ワインのちびちび飲みは要注意!「酸」で歯が溶ける『酸蝕歯』

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 歯の病気といえば虫歯があまりにも有名ですが、『酸蝕歯(さんしょくし)』という病気をご存知でし...

2019/06/28 18:30掲載

原因は汗づまり? 水虫と間違えやすい「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ジメジメしたこの季節、不快な症状のひとつ「かゆみ」が気になるという人は多いと思います。 そんな「かゆみ」の症状のなかに、水虫と似ている「...

2019/06/25 18:30掲載

世界中が重要視! 『薬剤耐性(AMR)』の拡大を防ぐ対策

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「風邪をひいたら抗生剤!」 そんな風に思っていませんか? 一般的に抗生剤と呼ばれる抗菌薬は、実は風邪などのウイルスには効き目がな...

2019/06/14 18:30掲載