「人酔いだ…」混んでいる場所は気分が悪い、原因と予防策

Mocosuku(もこすく)
  • 「人酔いだ…」混んでいる場所は気分が悪い、原因と予防策

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「人酔いだ…」混んでいる場所は気分が悪い、原因と予防策

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
たくさんの人で混雑した場所に出かけると具合が悪くなるという人、少なくないですよね。
 
年末年始は、初詣や初売りなど、人混みの中に出かける機会が多い時期です。
 
そこで今回は、人混みに行くと具合が悪くなるのはなぜか、そしてそれを防ぐにはどうすればいいのか、ご紹介しましょう。
 

 

人酔いの原因は「血管迷走神経反射」か

 
人混みで気分が悪くなる、いわゆる「人酔い」は、医学的に定義されている症状ではありません。
 
このため一言では、言えない部分もありますが、「血管迷走神経反射」(けっかんめいそうしんけいはんしゃ)がその原因だという見方があります。
 
血管迷走神経反射とは、簡単に言うと「自律神経」の切り替えが狂うこと。自律神経には、血圧や心拍数を上げて身体を活動的にする「交感神経」と、血圧や心拍数を下げて身体を沈静させる「副交感神経」の2つがあります。
 
普通、私たちは活動するときには「交感神経」を働かせ、休んだりリラックスしたりするときに「副交感神経」を働かせます。
 
ところが、本来「交感神経」を働かせなければいけないときに、何らかの理由で「副交感神経」が優位に働いてしまうことがあるのです。
 
すると、急激に血管が拡張して血圧が下がることで気分が悪くなり、めまいや吐き気、頭痛などが起こり、時に失神することもあります。小学校や中学校の集会で時々、倒れてしまう人がいますが、あれは、まさにこの血管迷走神経反射のせいなのです。
 
 

こまめに休憩するのがいちばんの予防

 

血管迷走神経反射が起こる原因は、主にストレスだと言われています。
 
このため、予防するには「自分にとってストレスになる状況を避ける」ことが重要になります。
 
つまり、人酔いをする人はストレスとなる人混みに行かないのがベスト……。ですが、そうもいかない場合もあるでしょう。そういう時は、少しでも気分が悪くなりそうだと感じたら、すぐに人混みから離れて休みましょう。
 

また、普段から人酔いしやすいという自覚がある人は、症状がなくてもこまめに休憩をとるのがお勧めです。とはいえ、休むといっても具体的にはどうしたらいいのでしょうか?
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【家族と暮らし】新着記事

管理栄養士が薦める、簡単手作りドレッシングレシピ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) サラダを食べる時に欠かせないドレッシング。 体の為を思ってサラダを食べるのであれば、ドレッシングにも気を使いたいですよね。 そこで、体に優しい手作りドレッシングのレシピ...

2017/05/27 18:30掲載

「白髪は抜くと増える」 これホント?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 自分の頭髪に白髪をはじめて発見すると、「歳をとった!」ということをいやでも感じさせられますよね? 見つけるとどうして...

2017/05/25 18:30掲載

5月22日は「たまご料理の日」 管理栄養士のオススメたまごかけごはん

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 5月22日はたまご料理の日です。 たまごは「完全栄養食」のイメージがありますが、一体どういった成分が含まれているのか、あまりご存じないかもしれません。 そこで、今回はた...

2017/05/21 18:30掲載

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

2017/05/18 18:30掲載

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

2017/05/17 18:30掲載

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

2017/05/11 18:30掲載