妊娠中に手首、足首、首は冷やさない!でもどうして?

Mocosuku(もこすく)
  • 妊娠中に手首、足首、首は冷やさない!でもどうして?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

妊娠中に手首、足首、首は冷やさない!でもどうして?

公開日時

 
執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

一般的に、妊娠中は身体を冷やすとよくないといわれます。
 
足首にレッグウォーマーを履いている妊婦さんを見かけることも。
 
なぜ手首、足首、首を冷やすとよくないのでしょうか?妊娠中の身体と冷えについてご一緒に見ていきましょう。
 

 

「冷える」とはどんな状態?

 
ここでいう「冷える」とは、手足や足首が冷えてツライという自覚がある状態です。冷え性の人にはわかりやすいかもしれませんね。
 
冷え性の自覚がない人は、実際に手首か足首、首を触ってみましょう。
 
その部分が、ワキやお腹、太モモやふくらはぎよりも冷たくなっていれば冷えている状態といえます。
 
 

手首や足首、首が冷えるとカラダで何がおこる?

 
哺乳類である人間のカラダは、生きるのにベストな状態を保とうとする機能、「ホメオスタシス(恒常性維持)」が働いています。

 
体温についていえば、どんな状況でも体温を保とうとする恒温動物ということですね。
 
手首や足首、首が出ている服装などにより身体が冷えた結果、血行が悪くなります。これも、体温を維持して身体を守るための反応です。具体的には、冷たさを肌が感じとると、脳の体温調整の中枢では「寒い環境にいるので体温を下げないように!」という指令が出されます。
 
すると、身体で熱を作り出すのと同時に、血管を収縮させることで肌からの熱を逃がさないようにしています。寒さを感じていることが続くと、結果として血管は締まりっぱなしになるために血液の流れも悪く、手足の色、顔の血色が悪い、実際に触って冷たい状態になります。
 
しかし、脳で体温が設定されているので、ある程度寒さが続いても、必要以上に下がることはありません。そのため、脳や臓器などの生命活動に必要な部分へは十分血流が保たれることになります。
 
寒い山中や海での漂流などの極限状態にさらされたときには、熱をつくることが追いつかず「低体温症」という命がキケンな状態になることもあります。それくらい極端な状況でない限り、生命活動に影響するようなことはありません。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【妊娠と出産】新着記事

妊婦の8人に1人がかかる!?「妊娠糖尿病」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ それまで糖尿病の診断を受けたことのない人でも、妊娠中に「妊娠糖尿病(Gestational Diabetes Mel...

2017/08/20 18:30掲載

早ければ20代で更年期に? 「プレ更年期」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ みなさんは「プレ更年期」というコトバを聞いたことはありますか? 「前の、以前の」という意味を持つ「プレ」というコトバ...

2017/06/14 18:30掲載

よくいわれる女性の「安産型」、それホントなの?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性の体型について、腰幅がしっかりしている人のことを「安産型」と表現することがあります。 実際に、お産とヒップサイズには関係があ...

2017/06/03 18:30掲載

初産では、産婦人科をなにを基準に選ぶべき?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 妊娠検査薬で陽性が出たら、考えなくてはいけないのが「どの産婦人科に通院するか」ということです。 大学病院から総合病院、産院、助産院など、産科を扱って...

2017/04/13 18:30掲載

妊娠出産にも影響「子宮筋腫」 30~40代の女性3割、うち半分は自覚なし

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 30~40代女性の約3割もの人がかかっているといわれる「子宮筋腫」。 どのような病気かご存知でしょうか? 「治療が必...

2017/03/07 21:30掲載

あまり知らない「不育症」について、専門家が詳しく解説

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産年齢の高齢化によって、「不妊症」という言葉を耳にする機会は増えてきました。 一方で、「不育症」という言葉に...

2017/03/05 18:30掲載