へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

Mocosuku(もこすく)
  • へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

公開日時

 
執筆:青井 梨花(助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか?
 
これは本当なのでしょうか。それとも都市伝説?そして、へそのゴマがたまると身体へ悪影響が及ぶのでしょうか。
 
今回は「へそのごま」について、詳しく解説いたしましょう。
 

 

へそのゴマの正体とは?

 
そもそも「へそのごま」の正体は何なのでしょう?

 

皮膚が生まれかわると、皮膚表皮の角質がはがれ落ちます。それに皮脂などが一緒になり、いわゆる垢(あか)として、溜まったものが「へそのごま」です。
 
ほこりなどの汚れも一緒につくので、ゴマのように黒っぽく見えます。
 
個人差はありますが、腹部に脂肪がついている人や汗をかきやすい人などは、比較的たまりやすい傾向にあるようです。

 
 

へそのゴマ、放置すると?

 
長い年月放置しておくと、皮膚からはがれ落ちた角質が石のようにカチカチになってしまい、いわゆる「臍石(さいせき)」とよばれる塊となることがあります。
 
小豆大から、大きいものはナッツほどにもなる場合もあるともいいます。
 
基本的になにか悪さを起こすものではありませんが、「なにか悪い腫瘤では?」と、びっくりして皮膚科受診する人もいるようです。たしかにまれではありますが、へその組織からがんが発生することもあります。
 
皮膚科を受診すれば、とって鑑別してもらうことができます。また、皮膚が奥まっている部分ですから、細菌が繁殖しやすく、臭いの原因となることもあります。
 
だからといって、指やつめなどでガリガリと無理にとろうとすると、かえって皮膚を傷つけ、そこから細菌感染を起こして炎症が起きることもあります。決して行わないようにしましょう。
 
へその底部は腹膜に接していて、そのすぐ下には腸があります。

 
そのため、あまりいじりすぎると刺激してしまうことになり、お腹が痛くなる原因にもなり得ます。
 
では、どのようにお手入れするといいのでしょうか?

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

世界中が重要視! 『薬剤耐性(AMR)』の拡大を防ぐ対策

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「風邪をひいたら抗生剤!」 そんな風に思っていませんか? 一般的に抗生剤と呼ばれる抗菌薬は、実は風邪などのウイルスには効き目がな...

2019/06/14 18:30掲載

憂うつな梅雨は、 ココロとカラダをほぐして前向きに!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 雨や曇の日が続いて洗濯物が乾かない、湿気が多くてヘアスタイルが決まらない、なんとなく気分もすっきりしない…そんな梅雨の季節。 コ...

2019/06/11 18:30掲載

職場などの冷房効きすぎ… 寒冷ストレスに要注意!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ そろそろ冷房を使用する季節です。 昨年の夏は記録的な猛暑に見舞われ、節電を呼びかけるどころか「冷房を使いましょう」という、例年とは違うメ...

2019/06/07 18:30掲載

女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本医療政策機構が行った調査で「女性の健康知識(ヘルスリテラシー)の高さが仕事のパフォーマンスに影響する」という非常に興味深い結果が示さ...

2019/06/04 18:30掲載

「がん治療と仕事の両立」 利用できる制度と厳しい現実

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ かつては「不治の病」といわれた「がん」。 しかし、診断技術や治療方法の進歩によって、今では格段に生存率が向上しています。 入院日数も短く...

2019/05/28 18:30掲載

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ この春、多くの新入生や新社会人の方が新たな生活をスタートされたことと思います。 あるいは、家族の学校や仕事の変化に伴い、生活環境や生活リ...

2019/05/21 18:30掲載