冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

Mocosuku(もこすく)
  • 冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか?
 
とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温度が低く、冷え症の女性が困っているという問題は珍しくありません。

 
会社での効果的な冷え対策について知りましょう。
 

 

冷えは健康の大敵!

 
冷えることは、健康にとっても美容にとっても大敵です。
 
そもそも、手足の冷えだけでなく、最近では年齢を問わず平熱が35℃台と、体温が低い人も少なくありません。
 
身体全体の体温が低いと、免疫力が低下して風邪やアレルギー体質や生活習慣病にもなりやすいなど、健康と直結する問題が多くあります。さらに、基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくく太りやすい体質になったり、便秘や下痢など腸内環境が悪くなることでお肌のコンディションも乱れてしまいます。
 
またとくに会社でデスクワークをしている場合は、1日のほとんどを椅子に座って過ごすことになります。
 
身体を動かす機会が少ないと、とくに身体の末端にある手足が冷えて血液の流れが悪くなってしまうのです。
 
血行不良は肩こりや頭痛、身体のだるさを招いたり、足のむくみ、目の下のくまや肌荒れなども引き起こします。会社での冷えを克服して、身体の悩みも解決しましょう。

 
 

足から血行改善

 
血液の流れが滞りやすい足は、会社にいる時にもとくに冷えやすい部分です。日頃の運動不足で足の筋力が低下していると、血管のポンプ機能が衰え血行不良に陥りやすくなります。
 
また仕事中、座りっぱなしや立ちっぱなしになっていることも、冷えの大きな原因です。
 
まず、デスクワークの場合は、座った状態でも定期的に足首の曲げ伸ばしをしたり、太ももを交互にあげる、といった体操を取り入れてみましょう。

 
立ちっぱなしの時間が長い人は、かかとをあげて背伸びをする体操を行ってみましょう。まずは10回程度、一日に数セット行うと、ふくらはぎの筋力アップや血流の改善に効果的です。
 
環境が許せば、休憩室などで足裏のマッサージをしたり、昼食を兼ねて少し離れたお店まで歩くこともおすすめ。足の血行が改善すると血のめぐりが良くなり、辛い末端の冷えだけでなく、全身の冷えも改善させることができます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

肉や魚を食べない「ベジタリアン」 本当に健康的?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 新しい年を迎えて心機一転。 「今年はもっと健康的な生活を送ろう!」 そう決意した方もいるかもしれません。 先日あるTV番組で「ベジタリアン...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

5月12日は「慢性疲労症候群」世界啓発デー、どういう病気かご存じですか。

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慢性疲労症候群」という名前を聞いたことはありますか? 「慢性的な疲労なら、だれにだってあるでしょう?」と思われるかもしれません...

「規則正しい食生活」とは具体的にどういうことなの?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為に必要とされている「規則正しい食生活」。 わかっていても、具体的にどんなことに気をつけたらよいかはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は...

知らないと損? こんなにも嬉しい「豆乳」のチカラ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によい食材のイメージが強い豆乳。 女性によいイメージがあっても、一体どんな成分が体に嬉しいのか実はあまり知られていません。 そこで豆乳のどんな成分が体に嬉しいのか解説...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【冷え性】新着記事

下半身は冷えているのに、上半身はのぼせる!?「冷えのぼせ」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「冷えのぼせ」とい言葉、聞いたことはありますか? 「冷えのぼせ」は名前のとおり、「冷え」と「のぼせ」が一緒に現れる症...

2017/04/25 18:30掲載

熱はないのに、この寒気はなに?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「排卵期や月経前に寒気がする…」 こんな経験をしたことがある女性もいるかもしれません。 風邪や感染症にかかっているわ...

2017/02/21 18:30掲載

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか? とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温...

2017/01/10 21:30掲載

どうにかしたい「末端冷え性」。原因や対策は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手足が冷たく、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、温かい部屋でも足先は常に冷えているといったお悩みはありませんか。 とくに女性に多い...

2016/12/15 12:00掲載

冷え性だから「靴下を履いて寝る」 これすぐヤメて!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 寒くなるにつれ、気になるのが足先の冷え。 冷えがひどい人の中には「足が冷えて眠れない」という人もいます。その対策に靴下を履いて寝る人もいるでしょう。...

2016/11/02 18:30掲載

あなたは大丈夫? 「低体温」が招くこと

「冷えは万病の元」と言われるように、身体が冷えないように気を付けている人も多いでしょう。特に女性のあいだでは、数年前から「冷えとり」という言葉で、体温への関心が高まっています。 体温は身体にどのような...

2016/02/23 12:30掲載