冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

Mocosuku(もこすく)
  • 冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか?
 
とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温度が低く、冷え症の女性が困っているという問題は珍しくありません。

 
会社での効果的な冷え対策について知りましょう。
 

 

冷えは健康の大敵!

 
冷えることは、健康にとっても美容にとっても大敵です。
 
そもそも、手足の冷えだけでなく、最近では年齢を問わず平熱が35℃台と、体温が低い人も少なくありません。
 
身体全体の体温が低いと、免疫力が低下して風邪やアレルギー体質や生活習慣病にもなりやすいなど、健康と直結する問題が多くあります。さらに、基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくく太りやすい体質になったり、便秘や下痢など腸内環境が悪くなることでお肌のコンディションも乱れてしまいます。
 
またとくに会社でデスクワークをしている場合は、1日のほとんどを椅子に座って過ごすことになります。
 
身体を動かす機会が少ないと、とくに身体の末端にある手足が冷えて血液の流れが悪くなってしまうのです。
 
血行不良は肩こりや頭痛、身体のだるさを招いたり、足のむくみ、目の下のくまや肌荒れなども引き起こします。会社での冷えを克服して、身体の悩みも解決しましょう。

 
 

足から血行改善

 
血液の流れが滞りやすい足は、会社にいる時にもとくに冷えやすい部分です。日頃の運動不足で足の筋力が低下していると、血管のポンプ機能が衰え血行不良に陥りやすくなります。
 
また仕事中、座りっぱなしや立ちっぱなしになっていることも、冷えの大きな原因です。
 
まず、デスクワークの場合は、座った状態でも定期的に足首の曲げ伸ばしをしたり、太ももを交互にあげる、といった体操を取り入れてみましょう。

 
立ちっぱなしの時間が長い人は、かかとをあげて背伸びをする体操を行ってみましょう。まずは10回程度、一日に数セット行うと、ふくらはぎの筋力アップや血流の改善に効果的です。
 
環境が許せば、休憩室などで足裏のマッサージをしたり、昼食を兼ねて少し離れたお店まで歩くこともおすすめ。足の血行が改善すると血のめぐりが良くなり、辛い末端の冷えだけでなく、全身の冷えも改善させることができます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【冷え性】新着記事

熱はないのに、この寒気はなに?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「排卵期や月経前に寒気がする…」 こんな経験をしたことがある女性もいるかもしれません。 風邪や感染症にかかっているわ...

2017/02/21 18:30掲載

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか? とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温...

2017/01/10 21:30掲載

どうにかしたい「末端冷え性」。原因や対策は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手足が冷たく、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、温かい部屋でも足先は常に冷えているといったお悩みはありませんか。 とくに女性に多い...

2016/12/15 12:00掲載

冷え性だから「靴下を履いて寝る」 これすぐヤメて!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 寒くなるにつれ、気になるのが足先の冷え。 冷えがひどい人の中には「足が冷えて眠れない」という人もいます。その対策に靴下を履いて寝る人もいるでしょう。...

2016/11/02 18:30掲載

あなたは大丈夫? 「低体温」が招くこと

「冷えは万病の元」と言われるように、身体が冷えないように気を付けている人も多いでしょう。特に女性のあいだでは、数年前から「冷えとり」という言葉で、体温への関心が高まっています。 体温は身体にどのような...

2016/02/23 12:30掲載

いつの間にか不調をためこんでない? 気をつけたい 夏冷え予防

執筆:T・M(ライター) 監修:岡本良平 医師(東京医科歯科大学名誉教授) 夏冷え予防 のために何か実践していますか? 夏こそ女性が気をつけなければならないのが「冷え」なのです。自覚がないままに進んで...

2015/07/27 12:39掲載