冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

Mocosuku(もこすく)
  • 冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか?
 
とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温度が低く、冷え症の女性が困っているという問題は珍しくありません。

 
会社での効果的な冷え対策について知りましょう。
 

 

冷えは健康の大敵!

 
冷えることは、健康にとっても美容にとっても大敵です。
 
そもそも、手足の冷えだけでなく、最近では年齢を問わず平熱が35℃台と、体温が低い人も少なくありません。
 
身体全体の体温が低いと、免疫力が低下して風邪やアレルギー体質や生活習慣病にもなりやすいなど、健康と直結する問題が多くあります。さらに、基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくく太りやすい体質になったり、便秘や下痢など腸内環境が悪くなることでお肌のコンディションも乱れてしまいます。
 
またとくに会社でデスクワークをしている場合は、1日のほとんどを椅子に座って過ごすことになります。
 
身体を動かす機会が少ないと、とくに身体の末端にある手足が冷えて血液の流れが悪くなってしまうのです。
 
血行不良は肩こりや頭痛、身体のだるさを招いたり、足のむくみ、目の下のくまや肌荒れなども引き起こします。会社での冷えを克服して、身体の悩みも解決しましょう。

 
 

足から血行改善

 
血液の流れが滞りやすい足は、会社にいる時にもとくに冷えやすい部分です。日頃の運動不足で足の筋力が低下していると、血管のポンプ機能が衰え血行不良に陥りやすくなります。
 
また仕事中、座りっぱなしや立ちっぱなしになっていることも、冷えの大きな原因です。
 
まず、デスクワークの場合は、座った状態でも定期的に足首の曲げ伸ばしをしたり、太ももを交互にあげる、といった体操を取り入れてみましょう。

 
立ちっぱなしの時間が長い人は、かかとをあげて背伸びをする体操を行ってみましょう。まずは10回程度、一日に数セット行うと、ふくらはぎの筋力アップや血流の改善に効果的です。
 
環境が許せば、休憩室などで足裏のマッサージをしたり、昼食を兼ねて少し離れたお店まで歩くこともおすすめ。足の血行が改善すると血のめぐりが良くなり、辛い末端の冷えだけでなく、全身の冷えも改善させることができます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【冷え性】新着記事

ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 季節は春から夏へ。 空調も暖房から冷房と切り替わる時期でもありますね。 夏の冷房というと冷え性がよく問題となりますが、手足は冷えていないのに、内臓が...

2017/05/24 18:30掲載

下半身は冷えているのに、上半身はのぼせる!?「冷えのぼせ」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「冷えのぼせ」とい言葉、聞いたことはありますか? 「冷えのぼせ」は名前のとおり、「冷え」と「のぼせ」が一緒に現れる症...

2017/04/25 18:30掲載

熱はないのに、この寒気はなに?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「排卵期や月経前に寒気がする…」 こんな経験をしたことがある女性もいるかもしれません。 風邪や感染症にかかっているわ...

2017/02/21 18:30掲載

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか? とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温...

2017/01/10 21:30掲載

どうにかしたい「末端冷え性」。原因や対策は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手足が冷たく、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、温かい部屋でも足先は常に冷えているといったお悩みはありませんか。 とくに女性に多い...

2016/12/15 12:00掲載

冷え性だから「靴下を履いて寝る」 これすぐヤメて!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 寒くなるにつれ、気になるのが足先の冷え。 冷えがひどい人の中には「足が冷えて眠れない」という人もいます。その対策に靴下を履いて寝る人もいるでしょう。...

2016/11/02 18:30掲載