冷え性

Mocosuku(もこすく)
  • 冷え性

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

冷え性について知っておきたいこと

冬の悩みで多いのが、身体の「冷え」です。この時期は、とくに足先や手先が冷たくて、仕事に集中できない、夜なかなか寝付けないといった悩みをかかえる人もいるようです。これほどまでの「冷え」を訴える人は、「 低体温 」を疑ってもいいかもしれません。

低体温 とは?

人間は恒温動物です。微妙な個人差こそありますが、一般には体温を36~37℃くらいに保てるようになっています。寒いときには、皮膚表面に近い血管を収縮して熱が逃げるのを防ぎ、体内ではエネルギーを燃やして熱を作り出しています。ところが、この体温が35℃台になっている人がいます。これを「低体温」といいます。
症状としては、手足の恒常的な「冷え」があり、当然身体の血の巡りもよくないので、むくみや腰痛、女性であれば生理痛、生理不順といったものがあります。

気づきにくい体内の症状!

人間の身体は、36~37℃の適温でもっとも体内酵素が働くようにできています。低体温になると、この酵素が働かなくなるので、消化機能が低下したり免疫力が落ちるなどして、病気にかかりやすくなってしまいます。とくに身体の冷えを自覚したことはないけれど、「すぐに疲れる」「風邪をひきやすい」という人は、平熱が低く、低体温である可能性があります。

どうして 低体温 になるの?

ひとつには、特異な生活習慣が挙げられます。次に当てはまる人は改善をしてみましょう。 ・食事の偏り
・運動不足
・睡眠不足
・冷たい食べ物、飲み物を好む
・湯船に入らずシャワーで済ますことが多い
・喫煙

もうひとつには、身体の代謝をつかさどる「甲状腺ホルモン」が不足する異常が考えられます。食べ物で摂取したエネルギーを燃やして生きる人間にとって、代謝能力を失うということは、体温調節ができなくなってしまう、ということです。甲状腺ホルモンが不足している場合には、低体温になるほかにも、脈拍が遅くなる、身体がだるくなる、精神的に落ち込むといった症状があります。治療には投薬が必要となるので、心当たりがある人は、一度病院でみてもらいましょう。

【冷え性】

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか? とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温...

2017/01/10 21:30掲載

どうにかしたい「末端冷え性」。原因や対策は?

どうにかしたい「末端冷え性」。原因や対策は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手足が冷たく、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、温かい部屋でも足先は常に冷えているといったお悩みはありませんか。 とくに女性に多い...

2016/12/15 12:00掲載

冷え性だから「靴下を履いて寝る」  これすぐヤメて!

冷え性だから「靴下を履いて寝る」 これすぐヤメて!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 寒くなるにつれ、気になるのが足先の冷え。 冷えがひどい人の中には「足が冷えて眠れない」という人もいます。その対策に靴下を履いて寝る人もいるでしょう。...

2016/11/02 18:30掲載

あなたは大丈夫? 「低体温」が招くこと

あなたは大丈夫? 「低体温」が招くこと

「冷えは万病の元」と言われるように、身体が冷えないように気を付けている人も多いでしょう。特に女性のあいだでは、数年前から「冷えとり」という言葉で、体温への関心が高まっています。 体温は身体にどのような...

2016/02/23 12:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。...

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 通勤電車やエレベーターなどで、見知らぬ人が寄ってきて、やたら近づいてきたので不快に感じた、というような経験はありませんか。 これは「パーソナルスペース」とい...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...