あっ、目ヤニ。 目ヤニは何でできている?

Mocosuku(もこすく)
  • あっ、目ヤニ。 目ヤニは何でできている?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

あっ、目ヤニ。 目ヤニは何でできている?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

朝起きたら目のまわりが目ヤニでカピカピ!
 
そんな経験をしたことはありませんか?
 

自然に出る目ヤニは問題ありませんが、目の病気で出る目ヤニもあります。

 
今回は目ヤニがなぜ出るのか、また隠れている可能性がある目の病気について、詳しく解説していきましょう。
 

 

目ヤニは何でできている?目ヤニはどうして出るの?

 
目ヤニは、誰しもが出る自然な分泌物です。
 
目の「角膜(目の黒目の部分を覆う膜)」や「結膜(白目と、上下のまぶたの裏を覆う膜)」が剥がれ落ちた古い細胞などが含まれます。言わば皮膚の垢のようなものです。

 
また、まばたきをスムーズにするために、まぶたの裏から、粘り気のある分泌物が出ています。
 
目にゴミやウィルスなどの異物が入ったとき、この分泌物に異物をくるんで目ヤニとして外に出すという、身体の自然な防御反応でもあります。
 
つまり、目ヤニとは、黒目や白目、まぶたの裏側から出た古い細胞や、目に入った異物でできている、ということです。
 
朝起きて、目ヤニが出るのは、まったく普通のことです。
 
私たちの目と鼻は、「鼻涙管(目頭にある小さな穴と、鼻の奥をつなぐ細い管)」でつながっています。起きている時はまばたきをすることで、目ヤニが涙と一緒に鼻涙管を通り、鼻垢となって身体の外に出ています。
 
一方で、寝ている時はまばたきをしないので、目ヤニが鼻涙管に流れません。
 
ですから、起きて目ヤニが多いのは当然のことなのです。
 
 

注意したい目ヤニって?

 
注意したいのは、細菌やウィルスによる目の炎症で出る目ヤニです。
 
症状が進むと結膜炎を起こすことがあり、視力に影響が出てしまうこともあります。次の症状が当てはまるときは、細菌やウィルスに感染している可能性があるので、注意が必要です。

 

1.目ヤニが膿のようにネバネバ、ドロドロしている、目ヤニの色が黄緑色をしている

ウィルスや細菌が原因の場合、目ヤニはドロドロとしていて、黄色や黄緑色をしていることが多いです。この膿のような目ヤニは、目の炎症を表しています。

 
 

2.目ヤニの量が多いことが続く

異物が目に入ると、目を守ろうといつもより多くの目ヤニが出ます。ゴミなど、一時的な異物であればすぐに治まりますが、ウィルスや細菌が入った場合は、目ヤニが多く、長く続きます。
 
花粉症などのアレルギー症状でも量は多くなりますが、サラサラしていることが多く、花粉症治療などで原因がなくなれば、目ヤニも治まります。
 
 

3.結膜が充血している

目が充血している場合、結膜が炎症を起こしていることが考えられます。
 
結膜炎自体が視力に影響することは、ほとんどないようです。しかし、結膜炎に新たな原因が重なった時、視力に影響することがあります。
 
結膜炎になると、本来は備えてある身体の防御反応がうまく働かず、新たな細菌やウィルスに感染しやすくなります。これを「混合感染」といいます。
 
混合感染があると、角膜が濁ったり、薄くなることがあり、視力に影響が出ます。場合によって、角膜に穴が開くこともあり、失明につながることもあります。
 
とくに、細菌が原因である場合は人にうつりませんが、ウィルスが原因で起こった結膜炎は、人にうつってしまいます。
 
細菌であれウィルスであれ、結膜が充血している、目がゴロゴロする、黄色や黄緑色の目ヤニが出やすい、といった症状があります。
 
ウィルスが原因の結膜炎の方が、より症状が強く出る傾向があります。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【目】新着記事

暗いと見えにくい? そう感じたら「網膜色素変性症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 目に入った光は眼底にある「網膜」で焦点を結び、情報が脳へ送られて視覚が成り立ちます。 カメラでいえばフィルムや画像センサーに該当する網膜...

2018/07/08 18:30掲載

夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暗い場所や夜になると急激に視力が落ちて見えにくくなる病気を「夜盲症(やもうしょう)」といいます。 俗にいう「鳥目」です。 聞いたことがあ...

2018/04/01 18:30掲載

ブルーライトはなぜ悪い? ブルーライトカット眼鏡は効果あり?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ブルーライト(青い光)は、可視光のなかでも波長が短く強いエネルギーをもっている光です。 スマホやパソコンなどデジタルデバイスの使用やLE...

2018/03/20 18:30掲載

日本でも患者さんが多い? 難病「ベーチェット病」について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ベーチェット病」は、地中海沿岸から中近東・中国を経て、韓国や日本で多発している難病で、別名「シルクロード病」とも呼ばれます。 EXIL...

2018/02/17 18:30掲載

『眼トレ』をすれば視力はアップ? 具体的な方法は?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ テレビや書籍などで頻繁に見かける眼のトレーニング、略して『眼トレ』。 視力の問題は老若男女を問いませんから、この言葉が気になると...

2018/02/09 18:30掲載

コンタクト使用者は特に注意? 「瞼裂斑 (けんれつはん)」という病気

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「瞼裂斑(けんれつはん)」 あまり聞きなれない病気ではないでしょうか。 認知度としては低いこの病気ですが、じつはコン...

2018/02/05 18:30掲載