大人もこどもも、長引く咳には要注意。 「百日ぜき」の可能性も

Mocosuku(もこすく)
  • 大人もこどもも、長引く咳には要注意。 「百日ぜき」の可能性も

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

大人もこどもも、長引く咳には要注意。 「百日ぜき」の可能性も

公開日時

 
執筆:青井 梨花(助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
小さいお子さんや赤ちゃんに多く発症する「百日ぜき」は近年、大人の患者も増えています。
 
大人の百日ぜきは症状が軽く、風邪と間違って放置するなど受診や診断が遅れがちです。
 
そして、気づかないうちに乳幼児への「感染源」になる恐れがあるといいます。
 
乳幼児の場合は重症化する可能性がある病気です。
 
長引く咳に心当たりがあるときは…もしかしたら百日ぜきかもしれません。ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ワクチン】新着記事

大人もこどもも、長引く咳には要注意。 「百日ぜき」の可能性も

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいお子さんや赤ちゃんに多く発症する「百日ぜき」は近年、大人の患者も増えています。 大人の百日ぜきは症状が軽く、風邪と間違って放置する...

2018/01/23 18:30掲載

「はしか」はなにが怖い? 症状や予防・対策について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 今年は「はしか」に関連したニュースを多く目にします。 8月には、外国帰りの男性が、発熱や発疹がある状態で幕張メッセでのコンサートに行き、「二次感...

2016/09/09 18:30掲載

鼻に噴霧するタイプのインフルエンザワクチンって子供も接種できる?~ 経鼻インフルエンザ生ワクチンの効果や注意点 ~

今年もそろそろインフルエンザの流行が心配になる季節となりましたが、近年話題の、鼻にスプレーするタイプのワクチン(フルミスト)こと、 経鼻インフルエンザ生ワクチンの効果や注意点 をご存じでしょうか? 予...

2015/10/14 17:27掲載