尖ったものが異常に怖い… 「先端恐怖症」とは

Mocosuku(もこすく)
  • 尖ったものが異常に怖い… 「先端恐怖症」とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

尖ったものが異常に怖い… 「先端恐怖症」とは

公開日時
更新日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「○○恐怖症」という言葉を耳にしたことがあると思います。
 
他の人にとってはどうということのない物事が、その人にとっては「すごく怖い!」と感じられる状態を指します。
 
精神医学においては「限局性恐怖症」(ある特定の物や状況に対して異常な恐怖心を抱く障害)と総称されます。
 
なかには、先のとがったものが異常に怖い「先端恐怖症」という症状もあります。
 

 

恐怖症の5タイプ

 
特定の物や状況に対して、理由もなく激しい恐怖心を抱き、気分が悪くなったり吐き気やめまいに襲われたり、失神してしまうなど、過剰に反応してしまうのが「恐怖症」です。
 
何を恐ろしいと感じるかは人によってさまざまです。
 
『DSM-5(「精神疾患の分類と診断の手引き」アメリカ精神医学会)』では、特定の恐怖症は次の5つのタイプに分類しています。
 

動物型:犬・猫・蛇・ネズミなどの小動物やクモなど昆虫を異常に怖がる

自然環境型:高所、嵐・雷・水など自然のものを必要以上に怖がる

血液、注射、外相型:注射や血を見ることを怖がったり、極端にケガを恐れたりする

状況型:飛行機や車、橋の上などの高所、エレベーターの中といった閉所など、特定の状況がきっかけとなり恐怖が生じる

その他の型:窒息や嘔吐、病気にかかることを恐れる、大きい音が怖いなど

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【家族と暮らし】新着記事

世界中が重要視! 『薬剤耐性(AMR)』の拡大を防ぐ対策

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「風邪をひいたら抗生剤!」 そんな風に思っていませんか? 一般的に抗生剤と呼ばれる抗菌薬は、実は風邪などのウイルスには効き目がな...

2019/06/14 18:30掲載

女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本医療政策機構が行った調査で「女性の健康知識(ヘルスリテラシー)の高さが仕事のパフォーマンスに影響する」という非常に興味深い結果が示さ...

2019/06/04 18:30掲載

掃除・洗濯・料理だけじゃない 「名もなき家事」に注目!!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性が働きやすくなった社会的背景などもあいまって、共働き世帯が増加している日本。 しかし、家事の負担はいまだに妻に大きく偏っていると指摘...

2019/05/31 18:30掲載

「がん治療と仕事の両立」 利用できる制度と厳しい現実

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ かつては「不治の病」といわれた「がん」。 しかし、診断技術や治療方法の進歩によって、今では格段に生存率が向上しています。 入院日数も短く...

2019/05/28 18:30掲載

どう乗り越える? 「育児」と「介護」の『ダブルケア』

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日常的に育児と介護の両方を同時に行う「ダブルケア」。 世界のなかで未曾有の超高齢社会に突入している日本。 加速する少子化に加え、女性の社...

2019/05/24 18:30掲載

今どきの「五月病」と最近増えている「六月病」…原因と対策

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 例年、この時期になると話題になるココロの不調「五月病」。 今や言葉としてすっかり定着しましたが、最近は五月ではなく六月に同じような状態に...

2019/05/14 18:30掲載