なんだか「におい」が感じられない… その症状、嗅覚障害の可能性も

Mocosuku(もこすく)
  • なんだか「におい」が感じられない… その症状、嗅覚障害の可能性も

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

なんだか「におい」が感じられない… その症状、嗅覚障害の可能性も

公開日時
更新日時

 
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
においを感じる「嗅覚」には「嗅覚順応」という特徴があります。
 
たとえば最初は嫌な臭いと感じたのに、いつの間にか気にならなくなる…
 
そんな時間の経過とともににおいの感覚が減退するような性質です。
 
ですから、においがしない、感じにくい、といった嗅覚機能の異常に気づくのは意外と難しいようです。
 
それでは、嗅覚障害とはどのような疾患なのでしょうか。
 
詳しく解説していきます。
 

 

嗅覚障害の定義

 
日本鼻科学会の「嗅覚障害診療ガイドライン」によれば、嗅覚障害はにおいを感じる感覚の一つ「嗅覚」に何らかの異常が生じている状態を指します。
 
においを感じにくい、全く感じないのは「量的障害」で、嗅覚低下嗅覚脱失といいます。
 
また、においの感じ方に異変が起こるのは「質的障害」で、本来のにおいとは異なるにおいを感じる「刺激性異嗅症」、何もにおいはしないのににおうと感じる「自発性異嗅症」があります。
 
異嗅症は量的障害にともなうことが多いといいます。
 
さらに質的障害には、「嗅盲(=特定のにおいがわからない)」、「嗅覚過敏(=ごく軽微なにおいが不快)」、「悪臭症(=副鼻腔炎や扁桃炎などによる悪臭)」、「自己臭症(=自分が臭いと思い込む)」、「幻臭(=統合失調症など心因性の病気の一症状であることが多い)」なども挙げられます。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【家族と暮らし】新着記事

平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 平日は普通に食事をしているのに、金曜日の夜から日曜日にかけて、食欲が抑制不能になったかのよう...

2019/04/19 18:30掲載

デスクワーカーは要注意! アクティブ・カウチポテトの深刻な健康リスク

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 運動不足はカラダによくない…これは誰しも十分わかっていること。 昨今、長時間のデスクワーク、つまり「座りすぎ」がもたらす運動不足について、世...

2019/04/16 18:30掲載

糖質の摂りすぎで脳が混乱!? 糖質の依存性とは

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 糖質は人が生きる上で欠かせない重要な栄養素ですが、摂り過ぎると身体に悪影響を及ぼします。 と...

2019/04/09 18:30掲載

「マクロビオティック」は日本発祥? どんな健康法?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ マクロビオティックは、その普及団体である日本CI協会によると「“健康維持、体質改善、治病、長...

2019/04/02 18:30掲載

これから美味しくなる「きゅうり」 でも世界一栄養がないってホント?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ そのままポリポリかじることもできて、サラダやお漬物にも欠かせない、食べやすい野菜のひとつ「き...

2019/03/29 18:30掲載

喧嘩をしたとき…どうして女性は過去の出来事を連鎖的に思い出すのか?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 男女がけんかをすると、女性は「いきなりキレる」「過去のことを何度も蒸し返す」など、男性を悩ませるといわれます。 このことは「男性脳」「女...

2019/03/19 18:30掲載