野菜高騰をきっかけに…「乾物」を取り入れてみませんか?

Mocosuku(もこすく)
  • 野菜高騰をきっかけに…「乾物」を取り入れてみませんか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

野菜高騰をきっかけに…「乾物」を取り入れてみませんか?

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
天候不順から、この冬はとくに白菜・キャベツ・レタスといった葉物野菜の値段が高騰しました。
 
どれも使い勝手のよい野菜ですから、頭を悩ませた方は多いのではないでしょうか。
 
この高値、春野菜が出回る頃には落ち着く…と見込まれているようです。
 
しかし、今後またいつ同じ状況になるかもしれません。
 
そこで今回は、野菜不足を補うために乾物の活用をご提案します。
 

 

おもな乾物(かんぶつ)の種類

 
「乾物」とは、天日や電熱などで食品の水分を除去し乾燥加工して、長期保存を可能にした食品です。
 
食べるときは、通常水やお湯に浸して「戻す」という下処理をします。
 
乾物にはおもに次のような種類があります。
 

海藻系

 
海苔や青のり、昆布やわかめ、ヒジキ、寒天などが主役級です。
 

野菜・キノコ系

 
切り干し大根やかんぴょう、干し芋、にんにくチップ、ゴマ、唐辛子、ドライトマト、豆、メンマなどの野菜系。
干しシイタケ、キクラゲ、干しシメジなどのキノコ系。
 

果物系(ドライフルーツ)

 
アンズ、イチジク、クランベリー、クルミ、バナナ、プルーン、干し柿、レーズン、落花生など多彩に揃っています。
 

水産系

 
ふかひれ、干しアワビ、干しナマコ、干し貝柱、干しエビ、鰹節、煮干し、ちりめんじゃこ、スルメなど、こちらも豊富なラインアップです。
 

その他

 
乾麺、ビーフン、お茶、高野豆腐、ジャーキー、乾パン、お麩(ふ)、ふりかけ、春雨、ビーフンなど
 
 
なんとなく古いイメージのある「乾物」ですが、こうして挙げてみると、実にバラエティに富んだ食材であることに気づかされませんか。
 
乾物の情報発信と普及を進めている「一般社団法人DRYandPEACE」(※)によると、乾物について次のようなメリットが挙げられています。
 

深くておいしい:和食だけでなくさまざまな料理に使える(応用性が高い)

常温保存ができる:冷蔵庫がなくても長期保存ができる

乾燥して軽い:軽いので買い物も輸送も楽

無駄なし、ゴミなし:皮をむいたり切ったりする下処理は施してあるため台所でゴミが出ない

地域を活性化させるかも!:捨てられた食材を乾燥によって活かすことが可能。新しい価値が創造される

 
※一般社団法人DRYandPEACE (https://www.dryandpeace.com/)
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

鼻毛や耳毛… 伸ばしっぱなしで、カラダに悪影響はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛にしても耳毛にしても、長く伸びて鼻や耳から飛び出しているのは「見苦しい」ものです。 ましてや周囲の人に指摘されたらとても恥ずかしく感...

2018/06/15 18:30掲載

高血圧は良くないと聞くけれど… 血圧が低ければ心配はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 動脈硬化や生活習慣病の予防として「高血圧には気をつけよう!」と、声高に叫ばれています。 それでは、血圧が低い分には健康上問題はないのでし...

2018/06/08 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

不足しがちなミネラル「亜鉛」 慢性的に足りていないと…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 亜鉛は体内では生成できない必須ミネラルのひとつ。 ですから、体の外から取り入れることが必要です。 日本人に推奨される一日の亜鉛摂取量は、...

2018/04/06 18:30掲載

ごく身近にある健康チェック… それはあの時の「色」と「におい」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 私たちの身体から排出される、汗、便、体液などは、健康状態を反映する「バロメーター」です。 なにしろ自分の身体から排出されるのですから、こ...

2018/04/05 18:30掲載