あの有名歌手も。 全身に激痛をともなう「線維筋痛症」とは

Mocosuku(もこすく)
  • あの有名歌手も。 全身に激痛をともなう「線維筋痛症」とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

あの有名歌手も。 全身に激痛をともなう「線維筋痛症」とは

公開日時

 
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
全身に激しい痛みが慢性的に起こる「線維筋痛症」
 
その痛みは「骨が裂けるような」「筋肉がひきつれるような」などと患者さんが形容するほどの耐え難さだといいます。
 
アメリカの人気歌手レディ・ガガさんもこの病気で活動を休止したことは有名です。
 
日本には潜在的な患者さんを含め約200万人いると推定され、決して珍しい病気ではありません。
 
今回は多くの患者さんが苦しんでいるこの線維筋痛症について、その実態をご説明したいと思います。
 

 

線維筋痛症とは

 
線維筋痛症の原因は、現状では明らかになっていませんが、脳の機能である痛みの信号を感知する働きに障害がでているのではないか、と考えられています。
 
これを車の運転に例えると、アクセルとブレーキの制御装置に異常がある状態です。
 
アクセルの踏み込みすぎやブレーキが効かないときは、やたらとスピードが出てしまいます。
 
そのことと同じように、痛みの信号の伝達路に誤作動が生じ、通常は痛みを感じない程度の刺激でも痛みを感じるような機能不全に陥るのではないかと考えられています。
 
また、痛みを抑えるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど、痛みを抑制する物質が機能していないという説もあります。
 
線維筋痛症は、一般的な検査では異常が認められません。
 
原因が見つからないのに、全身痛、疲労、関節痛、睡眠障害、頭痛、筋肉痛、しびれ、不安感、こわばり、抑うつなどの症状が現れます。
 
とりわけ強くでる症状は「激しい痛み」で、引き金となるのは、過労やケガ、事故や手術、妊娠や出産といった肉体的ストレスと、仕事や人間関係、離職や介護などの精神的ストレスであるとみなされています。
 
日本国内には潜在的に200万人の患者がいると推定されています。
 
しかし、治療を受けているのは5万人程度だそうです。
 
男女比は1:5~8と女性に多く、とくに30~50代の女性に多く見られます。
 
この年代は、家庭・仕事・日常生活において働き盛りですから、発症するとさまざまな困難をきたすことが想像されます。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

いきなり心臓がズキッ! 前触れなく、ときどき痛む… 考えられる原因は?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 心臓のあたりがときどき急にズキッと痛む、でも、しばらくすると元に戻る… そんな経験をしたことはありませんか? 左側の胸が痛むという症状、...

2018/10/16 18:30掲載

激しい運動をする女性は「スポーツ貧血」に気をつけて!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「いつまでも若々しくキレイでいたい」 これは女性が永遠に追い求めるテーマかもしれません。 健康と若さの維持のため、欠かせないことと言えば...

2018/09/28 18:30掲載

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」。 名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでし...

2018/09/18 18:30掲載

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

乳幼児に多い「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」は早期治療を!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お出かけが増える季節。 お子さんを公園やプールに連れて行って、楽しく遊ぶ姿を微笑ましく眺める一方で、感染症が気になる親御さんも多...

2018/09/07 18:30掲載

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。 高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。 また、水虫というと足にで...

2018/08/17 18:30掲載