肩こりに効く!? 「肩甲骨はがし」にはイイこといっぱい

Mocosuku(もこすく)
  • 肩こりに効く!? 「肩甲骨はがし」にはイイこといっぱい

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

肩こりに効く!? 「肩甲骨はがし」にはイイこといっぱい

公開日時

「肩甲骨はがし」とは・・・

 
「肩甲骨はがし」は、肩甲骨周りの筋肉をほぐし、硬くなった肩甲骨の可動域を拡げるストレッチとして注目を集めています。
 
整体院などでプロによる施術として行われていますが、自宅や職場で簡単にできる「セルフ肩甲骨はがし」もありますので、以下にご紹介しましょう。
 
毎日5分くらい、寝る前や起床時に行うと効果があるそうですよ。
 

1. 背中全体をほぐす

・仰向けになって両ひざを両手で抱える
・そのままの姿勢で、右側に転がる
・次いで、左側に転がる
 

2. 腕をぐるぐると回す

・立つか座るかした状態で両手を軽くにぎってひじを曲げ、親指を鎖骨の近くにもっていく
・背泳ぎのように、右・左・右・左とひじをぐるぐると外側に回す
・この動きを10回行う
・次いで、同じようにひじをぐるぐると内側に回す(10回行う)
 
<ポイント> ひじを肩より上げて、目線は水平より少し上を見るようにする
 

3. 肩甲骨を開閉する

・まっすぐ立って、両ひじを90度曲げる
 
<ポイント> 腕を少し後ろに引いて胸を張り、肩甲骨に意識を集中
 
・背中でひじ同士を近づけたり遠ざけたりして、肩甲骨の開閉を感じるように動かす
・できるだけテンポよく10回繰り返す
 
<ポイント> 胸を張ったとき、なるべく腰が反らないように注意する
 

4. 開いた腕をひねって肩甲骨を回旋させる

・まっすぐ立って、両腕を横に伸ばす
・右の手のひらは天井に、左の手のひらは床に向ける
 
<ポイント> このとき指先をしっかりと意識する
 
・そのままひねりを強くしていく
 左腕の付け根から腕全体を前方向にひねって左の手のひらが天井を向くように
 右腕の付け根から腕全体を後ろ方向にひねって右の手のひらを床方向に
・息を止めずに、8回ずつゆっくり2セット行ってみましょう
 
<ポイント> 肩が上がらないよう、できるだけ水平を保って行う
 

5. 壁を利用して肩甲骨を動かす

・壁に背を向けて、後頭部・肩甲骨・おしりの上の仙骨を壁につける
・だんだんとひじを曲げていきながら、壁に沿ってゆっくりと腕を上げる
・腕が顔の横に来たら、ひじを90度に曲げる
・さらに腕を伸ばして、頭の上まであげていく
・あげた腕を壁に沿ってゆっくりとおろす
 
<ポイント> 息を吸いながら腕を上げ、息を吐きながら腕を下ろす
 
肩が硬くなってコリを感じている方は、自分のできる範囲で少しずつ試してみてはいかがでしょう。
 
コツコツと続けることが大切です。ただし、無理は禁物です。
 
コリがひどい場合や、首・肩・背中・腰に痛みを感じるときは、早めに医療機関を受診をしましょう。
 
 
<執筆者プロフィール>
藤尾 薫子(ふじお かおるこ)
保健師・看護師。株式会社 とらうべ 社員。産業保健(働く人の健康管理)のベテラン
 
<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 

<つづきを読む>

3 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

憂うつな梅雨は、 ココロとカラダをほぐして前向きに!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 雨や曇の日が続いて洗濯物が乾かない、湿気が多くてヘアスタイルが決まらない、なんとなく気分もすっきりしない…そんな梅雨の季節。 コ...

2019/06/11 18:30掲載

女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本医療政策機構が行った調査で「女性の健康知識(ヘルスリテラシー)の高さが仕事のパフォーマンスに影響する」という非常に興味深い結果が示さ...

2019/06/04 18:30掲載

大気汚染が健康に与える影響とは? 「環境リスク 」の現状

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ WHO(世界保健機関)は、2019年に世界の人々の健康を脅かす最大の環境リスクは「大気汚染」であると発表しました。 日本のみならず世界各...

2019/05/03 18:30掲載

どうしても涙を流したくないときの対処法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 悲しくなったり感動したりすると、人は涙を流すもの。 涙が込み上げてきて仕方ない… でも、涙を流せる状況ではない、泣いている姿を見せたくな...

2019/01/29 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

怖いと聞くと余計に見たい…『怖いもの見たさ』に潜む人間の心理が面白い!

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「見ない方がいい」「見てはいけない」と思えば思うほど見たくなる、ダメと言われるとかえってやりたくなる…そんな“あまのじゃく”な気...

2018/11/23 18:30掲載