宴会前に要チェック! お酒による頭痛の原因と対策

Mocosuku(もこすく)
  • 宴会前に要チェック! お酒による頭痛の原因と対策

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

宴会前に要チェック! お酒による頭痛の原因と対策

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
お酒を飲んだ後や翌日、頭がズキズキ痛い…この経験、多くの人は身に覚えがあるのではないでしょうか。
 
今回はお酒と頭痛の関係、予防や対処法をご説明します。
 
お酒を飲む機会が増えるこれからの季節、有意義な時間を過ごすために、ぜひ参考にしていただければと思います。
 

 

お酒による頭痛の原因

 
お酒が原因の頭痛には、大きく分けて3つの原因が考えられます。
それぞれ詳しく見ていきましょう。
 

脳の血管拡張

 
アルコールは血管を拡張する作用を持っています。
 
拡張された血管は神経を圧迫して頭痛を引き起します。
 
また、アルコールは肝臓で「アセトアルデヒド」というアルコールよりもさらに毒性の強い成分に分解されます。
 
このアセトアルデヒドにも血管を拡張させる作用があります。
 
本来、アセトアルデヒドは毒性のない酢酸と水に分解されて体外に排出されるのですが、アルコールの摂取量が多すぎると分解の処理が追いつかなくなります。
 
そうすると体内にアセトアルデヒドが留まって、頭痛の原因となるのです。
 
頭痛が起こりやすいのは次のようなケースです。
 
●お酒に弱い人
 アルコールの分解能力には個人差があります。
 アセトアルデヒドを処理する酵素が少ない、もしくはない人の場合、少量のお酒を飲んでいる最中でも頭痛が起こります。
 
●たくさん飲み過ぎた翌日
 いわゆる「二日酔い」の状態です。
 
●ワインを飲んだ時
 ワインにはポリフェノールが多く含まれます。
 ポリフェノールにも血管を拡張する作用があります。
 
●ウィスキーやブランデーを飲んだ時
 アルコールはエタノールが主成分ですが、ウィスキーやブランデーなど独特の風味を持つ蒸留酒には微量のメタノールという成分が含まれています。
 メタノールはエタノールよりも分解に時間がかかるため、分解物による血管拡張の影響が出やすいのです。
 

脱水症状

 
肝臓でアルコールを処理するためには水分が必要です。
 
また、アルコールには利尿作用があり、のどを潤しているように思えますが同時に水分も抜けやすくなっています。
 
お酒を飲んでトイレの回数が増えると感じる方は多いでしょう。
 
身体の水分の排出が増えて脱水状態になると、頭痛や吐き気、食欲不振、倦怠感などの症状が出ます。
 

低血糖症状

 
アルコールの分解は肝臓で行われます。
 
肝臓ではアルコールの分解が最優先され、他の働きは二の次になってしまいます。
 
肝臓には糖質を蓄えて必要に応じて利用するという役割がありますが、アルコール処理が優先されるとこの働きが滞り、糖質が枯渇する翌日頃に低血糖状態(血液中の糖質が少ない状態)を引き起こします。
 
低血糖状態になると、頭痛や倦怠感、吐き気などが起こります。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【アルコール】新着記事

宴会前に要チェック! お酒による頭痛の原因と対策

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ お酒を飲んだ後や翌日、頭がズキズキ痛い…この経験、多くの人は身に覚えがあるのではないでしょう...

2018/12/14 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

「アルコール依存症」の基礎知識。 診断基準と段階的な治療

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「依存」という言葉は“何かに寄りかかる”という意味です。 お互いに依存し合う「もたれあい」は適度であれば美徳と捉えることもでき、協力や協...

2018/10/05 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

いつもと違う二日酔いはメタノールが原因? 原因別に対策を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 楽しいお酒の席…しかし、飲み過ぎにつきものの「二日酔い」になるとやっかいです。 飲み過ぎが原因になると知りつつ、ついつい深酒をして辛い症...

2018/02/04 18:30掲載

お酒はよく飲むけど顔は真っ赤に。 お酒に強いの?弱いの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お酒を飲むと、顔が赤くなる人がいますよね。 顔が赤くなるとお酒が弱い、というイメージがありますが、なかには顔が真っ赤になりつつ、延々とお...

2018/01/07 18:30掲載