あなたの周りは大丈夫?「ゲーム依存は病気です」とWHOが認定

Mocosuku(もこすく)
  • あなたの周りは大丈夫?「ゲーム依存は病気です」とWHOが認定

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

あなたの周りは大丈夫?「ゲーム依存は病気です」とWHOが認定

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
ゲームが気になってスマホが手放せない、休みの日は際限なくゲームにのめりこんでしまう…
 
そんな状態に陥っている人はいませんか?
 
アルコール依存症などと同じく「ゲーム依存症」はれっきとした病気であると認定されました。
 
もしかしたら、気づいていないだけであなたやまわりの友人・家族にも黄色信号が点灯しているかもしれません。
 
早速ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

 

ゲーム依存が病気と見なされる理由

 
かつての「ゲーム」は、おもに自宅のテレビやパソコンを使って遊ぶものでした。
 
したがって、場所や時間などの物理的な制約が伴いました。
 
しかしインターネットが普及し、スマホ等を一人一台持つのが当たり前の現代、ゲームはいつでもどこでも気軽に楽しめるようになりました。
 
なかでも、スマホによるゲーム依存は深刻な社会問題に発展しています。
 
もちろん、「アルコール依存症」が病気であっても、アルコールそのものが悪いわけではないことと同じで、ゲームがすべて問題という意味ではありません。
 
適度に楽しむ分には、ストレス発散やリフレッシュに役立つ娯楽にもなります。
 
ただし、日々の生活よりもゲームを優先するようになると話は違ってきます。
 
人間関係や学校生活、仕事などに支障をきたし、その状態が長く続いている場合は「依存」と言えるでしょう。
 
ゲーム依存は、これまで問題視されつつも、病気とする根拠は確立されていませんでした。
 
しかし2018年6月、WHO(世界保健機関)がICD(国際疾病分類)とよばれる世界的なガイドラインを改訂する案の中で、ゲーム依存症を病気のひとつと認定したのです。
 
 
ポイントを簡単にまとめると、
 
・自分でゲームをする時間や頻度をコントロールできない
・日常生活よりもゲームを優先する
・問題が起こっていてもゲームをやめられない
 
という状態が1年以上続いていることが、診断の基準となります。
 
ただし、状況が深刻な場合は、1年未満の期間でもゲーム依存と見なされるケースもあります。
 
正式な診断名は「ゲーム障害」と言い、2019年5月のWHO総会で決定される方針となっています。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【依存症】新着記事

あなたの周りは大丈夫?「ゲーム依存は病気です」とWHOが認定

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ゲームが気になってスマホが手放せない、休みの日は際限なくゲームにのめりこんでしまう… そんな状態に陥っている人はいませんか? ア...

2019/01/04 18:30掲載

「アルコール依存症」の基礎知識。 診断基準と段階的な治療

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「依存」という言葉は“何かに寄りかかる”という意味です。 お互いに依存し合う「もたれあい」は適度であれば美徳と捉えることもでき、協力や協...

2018/10/05 18:30掲載

日本はすでにギャンブル大国? 「ギャンブル依存症」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2016年12月15日、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法が衆院本会議で可決されました。いわゆる「カジノ法」です...

2017/02/11 18:30掲載

金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ クレプトマニア(窃盗症) は「窃盗症」ですが、物やお金が欲しくて盗み、癖となる「盗癖」とは違います。盗むこと自体が目的となってし...

2016/12/29 21:30掲載

今夜もお酒のアナタヘ 「アルコール依存」は注意して

執筆:Mocosuku編集部 近年、依存症として大きな話題にもなった「アルコール依存」。 アルコール依存とは、飲酒したときに感じる昂揚(こうよう)感や幸せな気持ち、精神的苦痛からの解放感が忘れられずに...

2016/11/16 21:30掲載

「占い依存症」 こんな占いからなりやすい

執筆:阿佐木 ユウ(フリーライター) 「結婚する or しない」 「出産する or しない」 「正社員 or 派遣社員」 他にもまだまだ出てくる、女性の人生の選択肢。 さまざまな場面での選択肢が多様化...

2016/10/16 21:30掲載